pc7 何かいいこと書いてあるかな
最新情報・耳よりなお知らせ・事例などランダムに掲載しています。  19年 5月

このニュースはおもにyahooニュースの記事を載せています。
   日  付
                        記                事
5/21(火) “折れ曲がるスマートフォン”に暗雲 窮地に追いやられるファーウェイとサムスン、どうなるフォルダブル

 2018年末以降、“折れ曲がるスマートフォン”として、フレキシブル有機ELディスプレイを搭載するデバイスの発表が相次いだ。有機ELベンチャー・中国Royoleの「FlexPai」を皮切りに、韓国Samsungの「Galaxy Fold」、中国Huaweiの「Mate X」と、スマホ市場で勢いに乗る2大メーカーが、技術力を誇示するかのごとく製品化にこぎ着けた。しかし、いずれの製品にも暗雲が立ち込めている。

Samsung「Galaxy Fold」

 SamsungのAndroidスマートフォン「Galaxy Fold」は、19年2月に発表。ディスプレイを内側に二つ折りする方式で、開くと7.3型、閉じると4.6型のデバイスとして使える。価格は1980ドル(約22万円)と高額だ。

 同社はGalaxy Foldを4月26日に米国などで発売する予定だったが、発売前にレビュー機を触った複数のメディア記者から「壊れた」という報告が相次いだ。ディスプレイが折れ曲がるヒンジ部分が膨らんでしまったり、ディスプレイに筋が入ってしまったり、開いたときに表示不良が発生したりといった問題が多発したという。

 これら報告後も、Samsungは「予定通り発売する」との見解だったが、数日後に発売延期を発表。受け付けていた予約も5月31日までに出荷できなかった場合は一方的に自動キャンセルするとした。

 複数のガジェット系メディアの報道によれば、Samsungは報告のあった問題の改良のめどが立ったというが真偽は不明だ。

Huawei「Mate X」

 HuaweiのAndroidスマートフォン「Mate X」も19年2月に発表。こちらはディスプレイを外側に二つ折りする方式で、開くと8型、折りたたむと前面が6.6型、背面が6.38型となる。次世代通信規格「5G」にも対応し、価格は2299ユーロ(約29万円)とさらに高額だ。

 同社はMate Xを2019年半ばに発売するとしており、現在は一部メディアにクローズドで実機を公開するにとどまっているが、今のところ大きな不具合は報告されていない。

 しかし、5月20日に米GoogleがHuaweiのAndroid端末向け関連サービスの取引を停止したと海外メディアが報じた。報道によると、Googleは今後、Huaweiに対するソフトウェアやハードウェアの技術サポートを中止するという。

 この取引中止によって、Huaweiが中国以外で今後販売するAndroidデバイスは、OSアップデートが受けられなくなり、「Gmail」「Google Maps」「Google Play Store」など、Google製アプリも使えなくなる。

 もともと中国国内では中国政府のネット規制によりGoogleサービスは使えないため、影響は限定的になるだろう。しかし、Huaweiは世界のメーカー別スマートフォン市場調査でSamsungに次いで第2位のシェアとなり、日本国内でもSIMフリースマートフォンのシェアで第1位となっている。取引中止が事実である場合、Huaweiが大きなシェアを持つ海外市場で大きな打撃を受けることは間違いない。そして、発売を控えるMate XはGoogle製アプリが一切使えないデバイスとなる。
5/20(月) 米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋

米アルファベット<GOOGL.O>は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との一部ビジネスを停止した。関係筋が19日にロイターに明らかにした。

これにより、ファーウェイは、グーグルのアンドロイドシステムの最新版にアクセスできなくなり、同社の中国国外のスマホ事業に打撃が及ぶ恐れがある。ファーウェイのアンドロイド版スマホの次のバージョンも「Google Play ストア」や「Gmail」などの主要サービスにアクセスができなくなる。

関係筋は「ファーウェイはアンドロイドの公開バージョンのみ利用することができ、グーグルが特許権を持つアプリやサービスへのアクセスが不可能になる」と語った。

米商務省は16日、米政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」にファーウェイと関連68社を正式に追加した。[nL4N22S503]

ファーウェイは引き続き、無料で一般公開されているアンドロイド・オープン・ソース・プロジェクト(AOSP)で入手可能なアンドロイドOSにはアクセスできる。一方、グーグルに特許権があるアプリとサービスへのアクセスやテクニカルサポートなどは停止される。

グーグルによると、全世界のアンドロイド端末ユーザー数は約25億人。

グーグルの大半のモバイルアプリは中国国内で禁止されており、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)や百度(バイドゥ)などが代わりのアプリを提供している。そのため、中国市場での影響は限定的とみられる。
5/19(日) 野生パンダを顔認証で識別するアプリ、中国で開発

中国で、顔認証技術を使って環境保護活動家らがパンダを個体ごとに識別するアプリが開発された。国営新華社(Xinhua)通信が17日、伝えた。

 研究者らはまた、ジャイアントパンダの画像12万点と動画1万点のデータベースを構築。これにより個々のパンダの正確な識別が可能となる。

 中国ジャイアントパンダ保護研究センター(China Conservation and Research Center for the Giant Panda)の研究者らは新華社に「このアプリとデータベースは、山奥に生息して追跡が難しい野生パンダの個体数、分布、年齢、性比、出生と死に関するより正確で包括的なデータを集める助けになる」と語った。

 ジャイアントパンダは主に繁殖率の低さと生息地の喪失から、国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト(Red List、絶滅危惧種リスト)」で「絶滅危惧II類(Vulnerable、VU)」に分類されている。野生パンダの数は、2000頭未満に落ち込んでいる
5/18(土) LINEも「ストーリー」開始。24時間で消えるタイムラインの動画

LINEは新機能「ストーリー」を追加し、17日より提供開始した。タイムラインに動画や写真、テキストを用いて投稿し、今の気分や状況を伝えられる機能で、iOSは9.7.0以降、Androidは9.7.5以降のLINEで利用できる。

タイムラインに投稿したストーリーの動画や写真、テキストは、投稿してから24時間で自動的に消える。また、ストーリーには、これまで友だちリスト内に表示されていた最新のプロフィールの情報を掲出。タイムラインでその時・その場でしか出会えないリアルタイム性の高い情報に接することができるという。

一定時間後に投稿が消えるストーリー機能は、Instagramなどでも導入されているが、LINEも対応。リアルタイム情報の動画シェアを促す。

投稿されたストーリーは、タイムラインとホーム画面の2カ所でチェックでき、新しい投稿がある友だちは、アイコンのまわりに通知が表示される。友だちが投稿したストーリーには、「いいね」やLINEでメッセージを送れる。

今後は、ストーリーでLINEスタンプ対応やストーリーを閲覧した人をチェックできる機能、さまざまな手書きフォントなどの機能更新を予定している
5/17(金) 極端な糖質制限、寿命に影響か=動物実験が示唆-東北大

 内臓脂肪の減少などに効果がある糖質制限も、極端な制限を長期間続けると老化を早める可能性がある-。

 東北大大学院農学研究科の都築毅准教授(食品機能学)らの研究グループが、動物実験を通じてこんな結果をまとめた。糖質制限は手軽なダイエット法としても人気があるが、都築准教授は「専門家の管理下で行うべきだ」と警鐘を鳴らしている。

 都築准教授らは寿命が1年程度の実験用マウスを3グループに分け、それぞれ(1)標準的な栄養割合の餌(2)脂肪の多い餌(3)炭水化物を減らし、たんぱく質を増やした糖質制限食-を与えて飼育。糖質制限食は炭水化物によるカロリーが全体の2割程度と、人間が1日3食とも主食を取らない状態に相当する厳しい制限とした。

 その結果、糖質制限食を食べたマウスの寿命は標準的な餌のグループと比べ8~9週短いなど、他の2グループと比べ短かった。飼育開始から約1年後に記憶力を測ったところ、標準的な餌のグループの半分程度に低下していた。

 糖質制限をしたマウスの腸内では悪玉菌が増える一方、善玉菌は減少しており、老化に影響を与えた可能性がある。人間も短期の糖質制限で腸内細菌のバランスが崩れることが分かっており、都築准教授は「人間でも十分に起こり得る」と推測する。

 都築准教授は、糖質制限は糖尿病対策などに有益としつつ、「医療の一環として専門家が介入してやるべきもの」と指摘。「短期間は問題ないが、ずっと続けると悪影響の可能性がある」と忠告した。

 研究成果は静岡市で開かれる日本栄養・食糧学会で、19日に発表される。
5/16(木)
予備校の1日は26時間? ワセヨビの「13時時計」が話題に 「理由は3つの説が…」担当者に聞きました

 ある予備校の建物壁面に設置された時計が、ネット上で注目を集めています。一見すると普通の時計のようですが、文字板の数字が1から12ではなく13まであるのです。その理由を担当者に聞きました。

早稲田予備校の西船橋校にあります

 話題になっているのは「早稲田予備校 西船橋校」に設置された時計。

 12階建てビルの壁面にある大きなもので、西船橋駅のホーム上からも確認できます。

 文字板には1から順に13まで数字が並んでおり、正午の位置に13があります。針は13と5を指したまま止まっており、この2つの数字だけが赤い字になっています。

 この時計がツイッターで紹介されると、「ゾワッときた」「別次元に迷い込んだのかと思った」といったコメントが寄せられ、話題になっています。

担当者に聞きました

 いったいなぜ13まで数字があるのか? 早稲田予備校の広報担当者に尋ねると、「3つの説」があると教えてくれました。

 (1)1日を24時間ではなく26時間勉強する意気込みで学んでほしいというメッセージ

 (2)13と5を指すことで「いざ合格」(135=イザゴウカク)というメッセージになる

 (3)小学校(6年)、中学校(3年)、高校(3年)を足して12。そこに浪人時代の1年を足して13になるため「13年目で合格」というメッセージになる

どれが正解なの

 いったいどれが正解なのかを尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「予備校は学びの場であり、わからないことを自分なりに考えて理由づけていくことが学びです。どれか1つが正解ということはなく、自分が考えてたどり着いたものが正解であり、そのことに気づいて欲しいという思いが込められているのではないでしょうか」

 この13時時計、西船橋だけでなく高田馬場にある東京本校にも設置されているそうです。

5/14(火)

交通事故を避ける技術はどれだけ進んでいるか

 連日発生している交通事故について、被害に遭われた方々へお見舞いを申し上げます。また、不幸にも亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。

■事故を回避するためのさまざまなシステム

 こうした交通事故に対する自動車側の対策はどうなっているのでしょうか。交通事故を防ぐ目的で自動車に搭載されている、先進安全技術の数は非常に多くなりました。なかでも装着率の向上から、いわゆる自動ブレーキと称される「衝突被害軽減ブレーキ」の認知度は年々高まってきています。

 加えて、車線の逸脱傾向をドライバーに知らせつつ、逸脱が避けられない場合には車線内にとどまるようシステムによる介入(例/ステアリング操作やブレーキ操作)を行う「車線逸脱抑制機能」や、高速道路や自動車専用道路で前走車への追従走行を行うようアクセル操作とブレーキ操作を部分的にサポートする「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も認知度が向上しています。

 さらに、光学式カメラセンサーやミリ波レーダーなどを用いて車線や前走車、縁石やガードレールを認識し車線の中央部分を走るようステアリング操作を部分的にサポートする「車線中央維持機能」などの先進安全技術も装着率が高まっています。この機能は「SAE自動化レベル2」を代表する技術としても有名です。

 また、先進安全技術は細分化され、「事故を抑制する技術」や「身体的負担を軽減する技術」「運転操作のミスを教えてくれる技術」など運転状況や運転支援の目的に応じ、分野ごとに特化した技術開発プロセスを経て実用化が進められています。

 今回はこのうち“事故を抑制する技術”の概要とともに、こうした先進安全技術はドライバーに対してどんな情報を発信している(=ドライバーに回避動作を促している)のかを紹介します。

「事故を抑制する技術」

 衝突被害軽減ブレーキ。この技術は他車や自転車、歩行者との衝突や接触可能性が高まった場合に、「①システムが警報ブザーやディスプレイ表示でドライバーに回避動作を促します」。

 それでも、こうしたシステムからの注意喚起になんらかの理由(聞き逃しなど)でドライバーが反応できず衝突や接触が避けられないとシステムが判断した場合には、「②最終的な段階として自律自動ブレーキを作動させ事故被害を軽減、状況によっては事故そのものを回避する」ことが可能です。

5/13(月) ZOZO、アルバイト2000人を採用へ 週4勤務の時給、1000円から1300円にアップ

ファッション通販大手ZOZOが5月13日、アルバイト従業員を新たに2000人採用すると発表した。また、待遇改善にも取り組み、週4日以上のアルバイト従業員の時給を1000円から1300円に引き上げるという。

同日には、ZOZO公式サイトで募集要項のページも掲載された。

同社の発表によると、対象は千葉県と茨城県にある物流倉庫「ZOZOBASE」 でのアルバイトスタッフ。新たに2000人を採用する。

時給などの待遇も改善し、週4日以上のアルバイトは現状の1000円から1300円に、週3日以下の勤務では1000円から1100円に引き上げるという。

また、従業員のパフォーマンスなどの成果や勤務日数に応じて、ひと月当たり最大1万円のボーナスを支給するという。

広報担当者によると、通販サイト「ZOZOTOWN」での商品取引数は増加しており、アルバイト雇用の拡大によって「商品取扱規模に対応できる安定した体制づくりを図る」という。

同社の代表取締役社長の前澤友作氏は、自身のTwitterで募集要項ページを投稿。「僕も学生の時、たくさんバイトしてお金貯めてスタジオ練習してバンドデビューできました。皆さんが好きなことを仕事にできますように」とコメントした。

5/12(日)

LINEのUI変更でレビュー大荒れ 機能多すぎ? 「元に戻して」の声も

LINEのUIが変わった」「使いづらい、元に戻してほしい」――LINEのユーザーインタフェース(UI)が5月7日に変更された。左下にあった「友だち」タブが「ホーム」タブに変わり、一部の機能が移動したり、操作法が変わったことが、波紋を広げている。

 7日以降のGoogle PlayやApp Storeのレビューを見ると酷評が多く、「使い慣れたユーザーインタフェースに戻してほしい」という声が目に付く。また「機能が増えすぎて使いにくくなった。シンプルなメッセージアプリに戻してほしい」という声も多い。

 どんなサービスでも、UIが変わるとレビューが荒れる傾向はある。慣れていないと使いづらいと感じるためだ。ただLINEの場合は、日本のスマホユーザーのほとんど、老若男女が使っているインフラ的なサービスであるだけに影響は大きく、ユーザーの不満が高まっている。

新UI、「すっきりした」との声もあるが……ヘビーユーザーほど混乱?

 7日に変更されたのは、アプリのトップ画面左下にあった「友だち」タブだ。友だちから「ホーム」という名に変わり、ホーム内の上部には、「友だち」「公式アカウント」「サービス」「スタンプ」「着せかえ」という新メニューが登場した。上部のメニューは左右スワイプで切り替えられる。各メニューに新着情報がある場合は、アイコンが震えて知らせる。

 この変更に伴い、友だちタブにあったLINEの各サービスへの誘導メニューが消失。友だちを非表示にしたりブロックするための操作も変わった(スワイプ→長押し)。iOS版では、友だちタブにあった「最近更新されたプロフィール」が非表示になり、五十音順で友だちを探す機能も廃止された。また、画面に余白が増えたり、境界線が一部消えるなど、細かなデザイン変更もあった。

 「トップ画面が友だち一覧」「メインメニューは画面下部」という基本操作は変わっていないため、LINEを友人とのトークだけに利用し、細かな機能を使っていないライトユーザーは、不都合を感じない人が多かったようだ。公式アカウントが友だちから切り分けられたり、画面の余白が増えたりしたため、「すっきりして使いやすくなった」という声もある。

 ただ、友だちのブロック・非表示機能を使うなど、細かなサービスを使いこなしていたユーザーにとっては、愛用していたメニューが突然消えたり、移動したり、操作方法が変わってしまうなどしたため、混乱が広がった。

 また今回、ホーム内に新たに5つのメニューが登場したが、画面下部には以前から「トーク」「タイムライン」など5つのメニューがあり、同じサービスがホームのメニューと、既存メニューにダブって掲載されていることもある。ホームと下部メニューで新着通知がダブることもあり、「不要な新着通知がわずらわしい」という声も出ている。

5/11(土) ソフトバンクがADSL終了へ 24年3月末、光回線普及で

 ソフトバンクは10日、ADSLサービスの提供を2024年3月末で終了すると発表した。インターネット接続では光回線などのサービスが主流になったためなどと説明している。(SankeiBiz編集部)

 2020年3月以降、一部の地域からサービスを順次終了し、利用者には推奨する別のサービスへの変更手続きなどを今年10月から順次案内するとしている。

 提供を終了するサービスは、「Yahoo! BB ADSL」「Yahoo! BB ホワイトプラン」「Yahoo! BB バリュープラン」「SoftBank ブロードバンド ADSL」「SoftBank ブロードバンド ステッププラン」「ホワイトBB」「BBフォン単独サービス」。

 ソフトバンクによると、「インターネットを利用したサービスの多様化やデータ通信量の大容量化」が昨今進んでおり、光回線などによるサービスが主流となっている。

 このような市場環境の変化に伴い、「保守部材の枯渇や設備の老朽化により、ADSLサービスの安定的な提供が困難な状況が見込まれる」ためとしている。

 ブロードバンドには、光回線、ADSL、CATVなどがある。ADSLはまだ光ファイバーなどが広く普及する以前に主流だった回線で、光回線よりも料金が比較的安いといったメリットもあった。

 ソフトバンクは2001年に「Yahoo! BB」としてADSLサービスを開始。ADSLモデムの街頭での無料配布や宣伝攻勢で顧客を伸ばした。

 ただ、ADSLは大容量のデータ通信時には速度が低下するといった問題が指摘され、次第に普及した光回線に取って代わられるようになった。

 NTT東日本とNTT西日本も、ADSLアクセス回線サービス「フレッツ・ADSL」の提供を2023年1月末で終了すると発表している。
臨時休業のお知らせ

5月8日(水)から10日(金)まで
臨時休業致します。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承願います。
5/7(火) エルメスもヴィトンも定額使い放題 IT企業が異色参入

 エルメスやルイ・ヴィトンなど、世界の高級ブランドバッグが月6800円で使い放題。こんなサービスを全国展開する会社が、広島市にある。もとはIT(情報技術)関連会社。顧客データの分析力の高さを強みに、事業を拡大している。

 広島市の「ラクサス・テクノロジーズ」の本社を訪ねると、倉庫の保管棚には数千個の高級バッグがずらりと並んでいた。買うとなれば30万円以上するものが中心で、客が使用中のものも含めると取り扱いは57ブランド、約3万個にのぼる。

 児玉昇司社長(42)がこのビジネスを始めたのは2015年のことだ。「リスペクト(尊敬)されていて、高い技術が使われている上に、ブランディングがしっかりされている。だけれど、高くてなかなか買えない。潜在的なニーズがあると思った」

 それから4年。有料会員は2万人を超え、事業は黒字化して軌道に乗ったという。

 使い方は簡単だ。専用アプリをスマートフォンなどにダウンロードし、好きなバッグを選んで予約するとバッグが届く。好きなタイミングで次のバッグに交換したり返却したりできる。

 会社は06年、IT関連で立ち上げた。そのため、利用履歴などの顧客データ分析をベースにした提案力が強みだ。利用者の継続率は95%ほどと高い。

 IT以外にも強みはある。バッグの汚れや傷は、難易度の高い一部のものを除き、自社の従業員がメンテナンスや補修をする。きれいな状態で、利用を待つ次の客にスムーズにバッグが届けられる。

 児玉社長は「いいバッグを増やせば、会員もどんどん増えるいい循環に入っている。海外での勝負も考えている」と話す。
5/6(月) 5Gの「G」って…ギガじゃなかったの?「5G博士」がやさしく解説!

 みんな5Gって知ってる? 電話がはやくなったり、すごい技術!みたいなことを聞くけど、よく分からないよね…。そんな君たちに強い味方!通信ネットワークのことを分かりやすく解説している「5G博士」というのがいるんだ。いまさら聞けない5Gのヒミツを教えてもらうよ。ちなみに5Gでは将来的に、DVD1枚に入っているデータを、2秒ほどでダウンロードできるようになるんだって。…でも、そんなに早く落とせても「映画なんか見る時間ないのに、どないすんねん」って、お母さんもいってたよ! 博士、どうすればいいのかな!?


 「5G博士」は、NTTドコモの研究所で5Gの通信技術を研究・開発している人。ときどき変装して、小学生向けのワークショップなどに登場。新しい通信の仕組みについてみんなにお話してくれるんだ。今回は特別にウェブに登場してもらったよ。さあ、小学生の気分になって、質問ターイム!

 -「5G」の「G」ってなに?

 5G博士「Generation(ジェネレーション)、日本語で「世代」という意味だよ。君のおじいさんおばあさんから,お父さんお母さん,そしてその子ども…というように新しいものが生まれて、5Gは5番目なんだ」

 -ふーん。Gだからギガのことだと思ってた。

 5G博士「あはは。みんなよく間違えちゃうね。ちなみに、一番最初の「1G」は30年以上前にできたんだけど、その時の携帯電話は重さが1キログラム以上あって、肩から背負っていたんだよ。今みんなが使っている携帯電話の多くは4Gになるけど、手のひらサイズのスマホになったね」

 -「5G」なると「電話がはやくなる」と聞いたことがあるけど、どういうことなの?

 5G博士「はやくなるとは、たくさんのデータをやりとりできるということだよ。1秒間に送れるデータの量が、2010年ごろと比べて100倍くらいはやくなるよ。そうすることで、今まで動画を見るために待っていた時間が短くなったりするね。きれいな画像や動画をよりたくさんの人が手軽に楽しむことができるようになるよ」

 -それって、どれくらい時間が短くなるの?

 5G博士「例えばDVD1枚をダウンロードするのに、今の4Gが始まったころだと約9分ほどかかっていたけど、5Gでは将来的には約2秒でダウンロードできることをめざしているよ」

 -2秒ってすごいね。でも、そんなにデータを早くダウンロードできても、それを楽しむ時間がない人もいるんじゃないかって、お母さんがいってたの思い出した。余裕のある人しかいらないんじゃないのかなあ。そもそもどうして「5G」なんかするの?

 5G博士「それは、みんなの生活をもっと便利で楽しくするためだよ。データをはやく送れるようになる以外にも、5Gでは、身の回りの色々なものをインターネットにつながるようにできたり、離れたところでもデータを遅れることなく伝えられるようになったりする。世の中を便利にしていくのに、今の4Gではできないこともあるから、4Gよりもすごい5Gに進化する必要があるんだ」

 -世の中を便利にするために?

 5G博士「みんなが使っている携帯電話やスマホはもちろん便利になるけど、それだけじゃない。社会になくてはならない医療、交通、教育、農業などいろいろなものが便利にできるようになるよ。例えば家のすぐ近くや田舎でも、都会の大きな病院のお医者さんに診察してもらえたり、広い田んぼや畑でのお仕事をロボットと一緒にできるようになるんだ。もちろん、学校や博物館で新しい体験をするなど、楽しいことにも使われるよ」

 -ふーん。それでいつくらいから使えるの?

 5G博士「ドコモは2020年の春にみんなが使えるようになるのをめざしているよ」

 -でも、5Gになったら、みんなが今持っているスマホはどうなるの?買い替えないといけないの?

 5G博士「今使っているスマホでは5Gは使えないから、5Gが必要な時には買い替えないといけないんだ。でも、今のスマホが2020年で使えなくなるわけじゃないから安心してね」

 -それで…お金は高くなるの? いくらくらいでつかえるの?

 5G博士「ごめん。それはまだ決まっていないんだ。でも、みんなが使いやすいようにできればいいね」

 -(突然の筆者乱入)ええっ、ちょっと待って。そんな回答、だめじゃない。みんなが一番聞きたいのはお金の話でしょ!博士、しっかりしてよ。

 5G博士「いえ、本当に現時点では決まっていることがないため、お答えできないんです。ただ、5Gの価値を体感・体験いただけるような料金プランを検討しています」

  ◇ ◇

 ちなみに、料金プランや、5Gに対応するスマホが発表される時期も、現段階では「確定している情報がないため、答えられない」そうです。うううっ、気になります!! …いずれにせよ、今では考えられないほどの大容量データを扱えるようになる将来。私たちの社会を大きく変える可能性に満ちているのはもちろん、誰もが想像していなかったような、新しいかたちのスマホが出てきたり、スマホと一緒に使う新しい機械が増えたりするかも知れませんね。今から発表が楽しみです。
5/5(日) 「不登校は不幸じゃない」 10歳のユーチューバー 中村逞珂さん 世界に発信

 「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆた)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

 ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

 配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

 人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

 活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

 夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

 4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

 ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。
5/4(土) 世界最大級の闇サイト摘発 欧米当局、百万人超利用か

 ドイツと米国の捜査当局は3日、世界最大級の闇サイト「ウォールストリート・マーケット」を運営したなどとして両国の5人を逮捕し、サイトを閉鎖したと発表した。同サイトでは薬物やマルウエア(悪意のあるソフト)、偽造書類など6万以上の「商品」が違法に売り出され、ドイツメディアによると、100万人以上が利用し、約5400人が売り手として登録していた。

 同サイトは匿名化ソフトを使ってのみ接続できるネット空間「ダークウェブ」上で世界2位の規模の違法売買サイトだった。ダークウェブは犯罪の温床となっており、各国が捜査を進めている。
5/3(金) 自撮りに夢中の若者3人、列車にはねられ死亡 インド北部

インド北部ハリヤナ(Haryana)州パーニーパット(Panipat)で、線路上で自撮りに夢中になっていた10代の若者3人が列車にはねられ死亡する事故があった。4人目の若者は反対の線路に飛び移り事故をまぬがれた。警察が1日、AFPに明らかにした。専門家らによると、インドの自撮りによる死者数は世界最悪だという。

 警察は「4人は自撮りに夢中になっており、列車が近づいてくるのを見て3人が隣の線路に飛び移ったが、その線路に別の列車が来るのに気付かなかった」と説明した。4人目は3人の移った方向と反対の線路に移ったため助かったという。

 4人はパーニーパットで行われた結婚式に参加していた。死亡した3人のうち2人は19歳で、もう1人が18歳だった。

 専門家らは、ソーシャルメディアで頭がいっぱいの若者は、大胆で危険な自撮り写真を投稿したいがために、極端に走ることがあると警告している。昨年全インド医科学研究所(AIIMS)が行った調査によると、2011年~17年で自撮りをしている間に死亡した人の数は、世界で259人に上り、インドがトップ、続いてロシア、米国と続いた。
5/2(木) 天皇陛下、初日から多数のご公務 即位儀式のご裁可も

1日に即位した天皇陛下は同日、皇位継承に伴う「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」以外にも複数の国事行為を行ったほか、各種行事にも臨まれた。同日だけでお住まいの赤坂御所(東宮御所から改称)と皇居を2往復するなど「令和」に改元された当日から、天皇として本格的なご活動が始まった。

 陛下は午前10時前、赤坂御所から皇居へご到着。宮殿で、剣璽等承継の儀などを国事行為として行うことを閣議決定した政府からの文書を確認し「裁可」をされた。これがご即位後、初の国事行為となった。

 続いて、宮殿で行われた剣璽等承継の儀にご臨席。皇位継承の証しである「三種の神器」は法律上、即位した1日午前0時で陛下に引き継がれたが、正式に継承されたことを示す重要儀式の一つだ。えんび服に最高位の勲章をつけた陛下は厳粛な面持ちで臨まれた。

 皇后さまも出席された国事行為「即位後朝見の儀」の後、陛下はご自身の側近のトップを務める小田野展丈(おだの・のぶたけ)侍従長と、上皇さまを支える河相周夫(かわい・ちかお)上皇侍従長の認証官任命式にご臨席。その後、三種の神器のうちの剣と璽(勾玉=まがたま)とともに、いったんお住まいの赤坂御所へ戻られた。

 午後3時ごろ、天皇、皇后両陛下は再び皇居を訪れ、吹上仙洞(ふきあげせんとう)御所(御所から改称)にお住まいの上皇ご夫妻にあいさつをされた。即位後、両陛下が上皇ご夫妻に会われる最初の機会となった。

 午後3時半過ぎには宮殿で皇族方から祝賀を受けられた。皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となった秋篠宮さまが「天皇陛下におかれましては、このたび、ご即位なされましたことを心よりお喜び申し上げます」と述べられると、陛下は「どうもありがとう」とにこやかに応じられた。

 元皇族やご親族、両陛下の長女である敬宮(としのみや)愛子さまと秋篠宮ご夫妻の長男である悠仁さまの未成年皇族、宮内庁幹部らからも祝賀をお受けに。午後5時過ぎに皇居をあとにし、赤坂御所に戻ってからも、そばで支える侍従職職員らから愛子さまとともにお祝いを受けられるなど、一連の行事は夕方まで続いた。

4/30(火)

天皇陛下退位へ=平成最後の日-「象徴」に全身全霊の30年余

 天皇陛下は30日、在位最後の日を迎えられた。

 午後5時から、退位を国民に広く明らかにする儀式「退位礼正殿の儀」に臨み、最後のお言葉を述べる。

 現憲法下で初めて即位した陛下は、皇后さまと共に30年余り、国民の安寧や平和を祈り、憲法が定める象徴天皇像を全身全霊で模索し続けた。日本が主体となる戦争がなかった一方、政治や経済の混迷、幾多の自然災害、事件に見舞われた平成は30日で幕を閉じる。

 退位は30日施行の皇室典範特例法(2017年6月成立)に基づく。5月1日午前0時に皇太子さまが新天皇に即位し、元号が令和に改まる。

 退位礼正殿の儀は、憲政史上初の儀式で、皇居・宮殿「松の間」で国事行為として行われる。国民の代表に天皇として会う最後の場となる。

 安倍晋三首相が「国民代表の辞」で謝意を伝えた後、陛下がお言葉を述べる。皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻をはじめ成年皇族方、政府、国会、裁判所の要人、地方代表ら約300人が参列。皇位の証しとされる剣や勾玉(まがたま)、国の印である国璽、天皇の印である御璽が机上に置かれる。

 国事行為として内閣の助言と承認の下に行うため、政府は午後3時から首相官邸で閣議を開き、陛下と首相の発言内容をそれぞれ決定する。

 天皇退位は1817年の光格天皇以来202年ぶり。陛下は2016年8月、国民向けのビデオメッセージで高齢を理由に退位する意向を示唆。憲法や皇室典範は終身在位を前提としているため、政府は有識者会議などの意見を踏まえ、陛下に限る退位特例法を制定した。 
4/26(金) 政府、巨大IT企業への「包囲網」 課税ルール作り急務

 「GAFA」などのプラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業への規制をめぐっては、個人情報に関する「プライバシーの保護」の側面だけでなく、「公正な競争の確保」「デジタル課税」という3方向から政府が検討を進めている。

 「公正な競争の確保」では、データや市場を寡占した際に起こる問題行為を防ぐためのメニューを準備している。巨大IT企業による条件を一方的に変えるといった「取引先いじめ」などの問題行為を未然に防ぐために、禁止行為や情報開示義務を定めるなど二つの新法をつくる。

 独禁法の強化も進める。公取委は独禁法を巨大IT企業による不当な個人情報収集に適用するほか、企業買収などの審査でデータの独占につながらないように審査の指針も改正する。規制の司令塔となる専門組織も夏ごろに立ち上げる。

 「デジタル課税」は、経済協力開発機構(OECD)や主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の枠組みで、国際的なルールづくりが急がれている。巨大IT企業が世界中の利用者から巨額の利益を得ているのに、いまのルールでは、国内に支店や工場など拠点がなければ原則法人税を課せず、十分に課税できていないためだ。
4/25(木) ソフトバンクとグーグルが提携 空に浮かぶ携帯電話の基地局で

 ソフトバンクが米IT大手グーグルの親会社アルファベットと組み、飛行機に携帯電話の基地局を載せて成層圏を飛ばす事業に乗り出すことが24日、分かった。本格導入を控える第5世代(5G)移動通信システムでの活用を見込む。投資額を抑えながら広大な通信エリアを実現する狙い。

 25日にソフトバンクの幹部らが記者会見し、詳細な事業計画を発表する。

 5Gの電波は直進性が強く、ビルなど障害物に弱い。このため膨大な数の基地局を設置する必要があり、莫大な投資コストがかかるとされる。ソフトバンクとアルファベットは打開策として、成層圏から電波を飛ばす方式が投資効率上優位と判断した。
4/23(火) 4島で光回線利用できず…海底ケーブルが断線

 NTT東日本は22日、午前6時40分頃から、東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で、光回線を使ったインターネットなどが利用できなくなったと発表した。都が保有する海底ケーブルが断線したことが原因で、約1500回線に影響が出ている。

 NTT東によると復旧時期は未定という。不通となっている光回線には、電話サービス「ひかり電話」の約950回線も含まれている。

 影響により、一部地域で携帯電話がつながりにくい状況になっている。また、御蔵島と神津島、新島の3島にある郵便局では、ゆうちょ銀行の現金自動預け払い機(ATM)が利用できなくなっているという。
4/22(月)

ドコモの新料金プランは本当にお得なのか? 業界に与える影響は?

 NTTドコモは6月1日から、新料金プランを導入する。新料金プランは、単に金額が上下しただけでなく、料金体系そのものが抜本的に変わっている。キーワードは「シンプル化」と「最大4割の値下げ」。ドコモによると、この新料金プランによって、最大4000億円の減収になるという。

 また、端末購入補助の「月々サポート」に代わる割引の仕組みも、別途導入される予定だ。こちらについては、5月に実施されるとみられる夏モデルの発表会で披露される可能性が高い。ここでは、改めて新料金プランの中身を振り返るとともに、ドコモの戦略や今後予想される業界の動きを予測していきたい。

「大容量」と「段階制」の2本立てでシンプル化、「みんなドコモ割」で家族を取り込む

 料金プランでは、ユーザーに2つの選択肢が用意された。1つが大容量プランの「ギガホ」、もう1つは段階制プランの「ギガライト」だ。大枠で2つから選ぶ仕組みは、分離プランで先行するauやソフトバンクも導入済み。auは「auフラットプラン」と「auピタットプラン」を、ソフトバンクは「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の2系統が、現在の主力プランだ。ドコモもここに追随したとみていい。

 ギガホは30GBで6980円(税別、以下同)。30GBを使い切ったあとの速度制限も、1Mbpsと従来よりも高速にした。ギガライトは2980円から5980円の間で変動する仕組みで、1GBまでが最低料金の2980円。以降、2GBごとに料金は1000円ずつ上がり、5GBを超えると5980円に達して、7GB超で速度が従来と同様、128Kbpsに制限される。

 基本プランとプロバイダー料金に相当するインターネット接続料、さらにデータパックを組み合わせていた現行プランと比較すると、選択肢は少なくなり、シンプルに見えるようになった。新料金プランでも、通話定額はオプションとして残っているため、実際にはもう少し複雑ではあるものの、データ容量をどの程度使うかを入口にして、通話の定額をオプション扱いにしたのは、今のスマートフォンの利用実態に即したものといえる。

 同時に、データ容量の選択肢も一気に整理している。大きな違いは、家族で分け合うシェアパックがなくなったところだ。シェアパックは家族で1つのデータ容量を分け合うことで、お得に利用できるプランだが、割り算をしなければ1人あたりの金額が分からず、家族全員でどの程度の容量が必要なのかがすぐに分かりづらい。これが複雑化を招いていた原因として、新料金プランでは個々人での契約が前提になった。

 ドコモの吉澤和弘社長は「複雑で分かりにくい、お得が実感しづらいというお客さまの声を受け、シンプルでお得な料金体系にした」と新料金プラン導入の趣旨を語る。一方で、「家族でのお得はこれまで以上に強化した」(同)という。それが、「みんなドコモ割」だ。家族や親族で2回線以上契約していると全員が500円、3回線以上だと全員が1000円割り引かれる仕組みで、これを利用すると、ギガホが5980円、ギガライトが1980円からになる。

 吉澤氏によると、ドコモは家族を丸ごと取り込むことに成功しており、「ご家族3人以上でご利用いただいている方々が、7割以上占めている」という。つまり、7割のユーザーが、新料金プランに移行するだけで1000円の割引を受けられるということだ。容量を分け合うという概念が分かりづらく、シェアパックの導入に二の足を踏んでいたユーザーでも、みんなドコモ割であれば気軽に利用できそうだ。

 また、これまではデータパックごとに割引額が異なっていた、ドコモ光とのセット割引も簡易的なものになった。ギガホとギガライトの3GB超、5GB以下より上が1000円、1GB超3GB以下が500円と、割引額を2パターンに変更。離れて暮らす親族が1世帯でも契約していれば割引を受けられる。この点に着目しても、新料金プランはシンプル化したといえる。

 家族で契約したユーザーは、一般的に、解約しづらくなる傾向が強くなる。影響が顕著だったのがシェアパックだが、みんなドコモ割はその適用範囲をさらに拡大したものといえるかもしれない。近い内容の割引はソフトバンクも導入しているものの、家族を丸ごと取り込めている割合の高さは、ドコモの強みだ。auにはみんなドコモ割に相当する制度がなく、料金面での差別化にもつながる。ただ、シンプルな半面、3人以上で1000円と条件が緩いため、単身でドコモから抜け出しやすくなっている側面もある。この割引の仕組みが解約率どう作用するかは未知数だ。

4/20(土) 258グラムで出生、近く退院へ 男児では世界最小、長野

 長野県立こども病院(同県安曇野市)は19日、昨年10月に258グラムの男児が誕生し、順調に成長して近く退院する見込みだと発表した。病院側は、元気に退院する男児としては世界最小になるとしている。

 世界の超低出生体重児を記録する米アイオワ大のデータベースによると、これまで男児で世界最小だったのは、慶応大病院で2018年に268グラムで生まれた東京都の赤ちゃんだった。

 体重千グラム未満で生まれる超低出生体重児の救命率は、300グラム未満になると特に低くなるとされる。
4/19(金) さい銭キャッシュレス化、寺院にじわり 「利便性高める」の声

 徳島県阿南市の平等寺は昨年12月、さい銭のスマートフォン決済を2020年末までの実証実験として始めた。寺の専用タブレット端末に金額を入力し、参拝者のスマホアプリのQRコードを読み込んで精算する。同寺は「QRコード決済が普及しておらず、使う人はまだ少ない。キャッシュレスの決済方法が乱立しており、様子見の段階だ」と話す。

 東京都港区の愛宕神社は14年から年始限定で、さい銭箱の横に電子マネーなどで決済できる「キャッシュレスさい銭箱」を設置。高野山真言宗の総本山で世界遺産の金剛峯寺(和歌山県高野町)は17年4月、拝観料やお守りなどの代金のクレジット決済を導入した。18年から会計システムの見直しに伴う改良中だが、担当者は「信者の参拝時間が少しでも増えるなど利便性を高めるメリットがある」と話す
4/18(木) ドコモが飛行船型ドローンを開発、プロペラがなく静音・安全

 NTTドコモは、プロペラを使わず、ヘリウムガスで浮く飛行船型のドローン「羽根のないドローン」を開発した。

今回開発されたドローンは、新たなドローンビジネスの創出に向けたもので、安全性の高さが特徴。ヘリウムガスが充填された風船の浮力で浮遊する飛行船型で、超音波振動モジュールが空気ポンプとして動作することで推進力を得て空中を移動する。

 超音波振動モジュールは人が触っても安全な微小な振動で、静かで安全なドローンを実現したとしている。

 ドコモでは、イベント会場やコンサートホールなど屋内で広告や道案内に活用できるとしているほか、警備ソリューションへの活用を想定。また浮遊するドローンの本体にプロジェクションマッピングを適用することで空中に映像を表示する空間演出も可能としている。

 開発された飛行船型ドローン「羽根のないドローン」の直径は最大約90cmで、飛行速度は約20cm/秒。連続飛行時間は約1~2時間。

 今回開発された飛行船型ドローンは4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に出展される予定。

4/15(月)

プールの核燃料、搬出開始 福島第1原発3号機

 東京電力は15日、福島第1原発3号機の原子炉脇にある使用済み核燃料プールからの燃料搬出作業を始めた。炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機のプールからの搬出は初めて。当初目標から4年以上遅れてようやく作業開始となる。3基のプールには大量の使用済み燃料が保管されたままで、廃炉を進める上で大きな障害となっている。月内に未使用燃料7体を構内の別のプールに運び入れる。

 3号機プールには使用済み燃料と未使用燃料が計566体保管されている。今回、比較的リスクの低い未使用燃料7体を搬出した後、6月にも本格的な搬出を再開する予定。2020年度中に完了する計画だ。
4/14(日) 今ノートPCで売れているメーカーは? ノートパソコンメーカー別売れ筋ランキングTOP5

BCNランキング」2019年4月1日から7日の週次集計データによると、ノートPC(メーカー別)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。 

1位 NEC
2位 富士通
3位 レノボ・ジャパン
4位 アップル
5位 Dynabook

NECの中でけん引したのは下記の製品。
LAVIE Note Standard カームホワイト NS150/KAW
 

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
4/13(土)
「F-35A」墜落原因の究明、米側の軍事機密が壁に?

日本側に責任が負わされるケースも

 航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F―35A」が青森県三沢市沖で訓練中に墜落した問題で、防衛省は海中に沈んだ機体の回収を目指すとともに、航空幕僚監部内に航空事故調査委員会を立ち上げ、原因究明を急ぐ。ただF―35Aは最新軍事機密の塊で、米軍や米ロッキード・マーチンが関連情報をどこまで開示するかは不透明。曖昧な幕引きや、日本側に責任が負わされるケースも想定される。

 防衛省は墜落事故を受け、国内に残る12機と、国内で最終組み立てをする予定の21機の飛行を見合わせている。事故を起こしたのは三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)で組み立てられた初号機。米国や海外ではF―35Aが墜落した例はなく、今回の事故原因が日本側に押し付けられる可能性は強い。

 事故を起こした機体はこれまでに複数回、不具合を起こしている。1回目は2017年6月の試験飛行中、冷却系統に異常を知らせる警報装置が作動し、緊急着陸した例。この時は地上で部品を交換し、飛行を再開した。

 2回目は18年4月にキャノピー(天蓋)がロックされていない警告ランプが作動した例。地上に降りて点検したところ、キャノピーに異常はなく、警告ランプの誤作動だったことが判明した。

 F―35Aはそもそも、当初の予定に対して開発が大幅に遅れ、飛行を急いだ経緯がある。米会計検査院(GAO)は18年にF―35に未解決の課題が計966件あると発表。この中には安全性や重要な性能を危険にさらす問題も含まれている。

 F―35Aは日本側が組み立てる機体も内実は米国と共同生産国が製造した部品を日本の工場へ運び、組み立てるだけ。ライセンス生産と違い、国産部品を組み立てる方式ではない。

 事故原因を究明するといっても、実現には米軍関係者や米企業の協力が不可欠になる。軍事機密を理由に日本側の参加が制限され、米側報告の言いなりになる可能性もある。日本は最終的にF―35Aを垂直離着陸型のB型も含め計150機近く調達する方針で、原因究明が遅れれば自衛隊での運用にも支障が生じかねないだろう。

4/12(金) アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ--担当者が理由を明かす

 アマゾンジャパンは4月12日、会員制プログラム「Amazon プライム」の年会費を初めて値上げすることを明らかにした。同日付で年会費を3900円から4900円(1000円増)に、月会費を400円から500円(100円増)に変更する。既存会員の会費は5月17日以降の更新時に適用されるという。

 2007年にサービスを開始した当初のAmazon プライムは、「お急ぎ便」などの配送特典のみを提供していたが、その後も追加料金なしにさまざまな特典を拡充してきた。

 代表的なサービスが、2015年に追加された動画見放題の「Prime Video」や音楽聴き放題の「Prime Music」だ。さらに2016年にはストレージ「Amazon Photo」、2017年には食品配達の「Amazon フレッシュ」、 電子書籍読み放題の「Prime Reading」などを提供。さらに、2018年にはペット向けの「PrimePets」、洋服を試着してから買える「プライム・ワードローブ」などを提供してきた。

 今回の値上げは、2007年の日本上陸から初となる。アマゾンの担当者はその理由について「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」と説明した。

 これにあわせて、学生向けの「Prime Student」の年会費も1900円から2450円(月会費は200円から250円)になるほか、法人向けの「Business プライム」のEssentialsプラン(最大3ユーザーまで利用可能)の年会費も、プライム年会費と同額の4900円に変更するとしている。

 なお、米国のAmazon プライムの価格は現在119ドル(約1万3000円)となっており、日本は値上げ後も米国の半額以下にとどまる。気になるのは今後のさらなる値上げの予定についてだが、「特に決まっていることはない」とした。

4/11(木)

アマゾン、ポイント還元義務撤回…出品者の任意に

 インターネット通販大手アマゾンジャパンが5月から全商品を対象に導入を検討しているポイント還元制度を巡り、アマゾンが外部の出品者に対する導入の義務づけを撤回したことが分かった。出品者に還元の費用負担を強制している恐れがあることなどから、独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」にあたる可能性があるとみて、公正取引委員会が調査していた。

 アマゾンは10日、読売新聞の取材に対し、「ポイントプログラムの展開について、予定していた計画を変更することにした」(広報)と撤回を認めた。撤回の理由は明らかにしていないが、公取委の調査などを重くみたとみられる。ポイント還元制度の導入は、出品者の任意にする方針だ。

 アマゾンは今年2月、全商品を対象に、購入額の1%以上を利用者にポイントとして還元する仕組みを導入すると表明。外部出品者に対して、商品へのポイント還元を義務づけ、その費用は出品者が負担する仕組みとする方針を打ち出していた。

 こうしたアマゾンの方針を巡り、中小企業関連施策を所管する経済産業省などから「一方的な契約変更で出品者に過度な負担を強いることがあるのであれば、公正な競争条件をゆがめる大きな問題だ」(世耕経済産業相)と問題視する声が相次ぎ、公取委が実態調査を進めていた。
4/9(火) ポケモンGOの障害、GPS週数ロールオーバーとは無関係

 4月7日(日)の午後1時20分ごろ、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のイベント中に障害が発生しました。折しもGPS週数ロールオーバーが起きた日とあってネット上には障害と結びつける書き込みが散見されましたが、結論から書くと関係ありませんでした。

 ポケモンGOの障害は、昨年10月の「コミュニティデイ」と似た状況でした。まずポケモンを選択しても捕獲画面に移らなくなり、再起動するとポケストップやジムが消滅。ポケモンたちは画面からいなくなり、「しあわせたまご」や「おこう」「ほしのかけら」といったアイテムのカウントだけが進みます。ポケモンGOは、見た目がほぼ「さら地」という不親切な地図アプリと化しました。

 正常に戻ったのは午後2時前。その後は目立ったトラブルはなく、午後8時のイベント終了を迎えました。

 一方、4月7日はおよそ20年に一度の「GPS週数ロールオーバー」の日でもありました。

 GPSでは、運用が始まった1980年1月6日午前0時(日本時間の午前9時)を起点とする「GPS時」が使われています。GPS時は10ビットの情報しか扱えず、そのために年、月、日、時間、分は使わず、週と秒だけで時間を示しているのが特徴。そして2の10乗(8ビット)——1024周目(約19.6年)になるとゼロに戻ります。これがGPS週数ロールオーバーです。

 GPSを利用する機器はこの特殊な時間に対応する必要がありますが、1999年8月に起きた最初のGPS週数ロールオーバーではカーナビなど一部機器でトラブルが発生しました。今回、ポケモンGOの障害とGPSを結びつけた人たちは、その時のイメージを持っていたのでしょう。

 しかし、GPS週数ロールオーバーは日本時間の午前9時とポケモンGOのイベントが始まる前。ポケモンGOを開発・運営しているNianticも、障害の原因は「システムの問題」とし、GPS週数ロールオーバーとの因果関係については否定しました。

 20年という月日を経てGPS対応機器は爆発的に増えましたが、同時に対策も進んでいました。今後はNianticの対策とトレーナーへのフォローも期待したいところです。
4/8(月) 道府県議選、自民前回議席上回る 立民30以上伸ばす、国民大幅減

 統一地方選の41道府県議選は8日未明、2277の全議席が確定した。自民党が安定した戦いぶりで1158議席を獲得し、過半数に達した。改選前の1280議席には届かなかったものの、前回2015年の獲得議席を上回った。旧民進党を源流とする立憲民主国民民主両党では、立民が改選前議席から30以上伸ばした。国民は低迷し、改選前の142から大幅に減らした。公明党は目標通り全員当選を果たした。

 非改選の6都県を含め全都道府県議会に議席があった共産党は、愛知で議席を失った。改選前より減らした。大阪府議選では、政治団体「大阪維新の会」が50議席超で、最大勢力を維持した。
4/6(土) 兵庫県警、サイト訪問者の情報を約3年にわたり無断収集か ネットユーザーの指摘で物議 → 翌日削除も告知なし

 兵庫県警のWebサイトで、2016年から約3年にわたり、利用者の訪問データを無断で収集していたことが分かりました。インターネット上での指摘がきっかけで発覚したもので、兵庫県警はその後、当該コード部分をサイトから削除しましたが、今のところ告知や謝罪などは行われていません。編集部では兵庫県警にコメントを求めました。

 兵庫県警が使用していたのは、Googleが提供しているアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。これ自体は多くのサイトで使われているごく一般的なツールですが、利用規約ではデータ収集のためにCookieを使用していることや、Googleアナリティクスを使用していることなどをサイト訪問者に開示するよう定めており、兵庫県警のサイトではこれを行っていませんでした。

 Twitterでは3月5日ごろから“規約違反”を指摘する声があがりはじめ、一部では「兵庫県警、ホントに酷いな」「逮捕しなきゃ」といった批判も。話題になったことを受けてか、翌6日にはサイトから全てのGoogleアナリティクスが削除されていました。

 編集部では一連の経緯について、3月12日時点で兵庫県警(県民広報課)に問い合わせていましたが、詳細については調査中との回答だったため、いったん調査の完了を待ち、4月5日になってようやく正式な回答をもらうことができました。

――サイトからGoogleアナリティクスを削除したというのは事実でしょうか。

兵庫県警:3月6日に削除しております。

――削除したのはなぜですか。

兵庫県警:Googleアナリティクスの規約で、導入していることを訪問者に告知している必要がありましたが、これに違反していたことが判明したため削除いたしました。

――なぜ導入について告知していなかったのでしょうか。

兵庫県警:必要事項を認識していなかったためです。

――Googleアナリティクスを設置した目的は?

兵庫県警:県警ホームページの利便性向上のため、平成28年(2016年)4月からGoogleアナリティクスを使用していました。導入したのは当時のホームページ担当者で、現在は異動になっています。現在のホームページ担当者は導入について把握していませんでした。

――担当者が異動になったのいつのことですか。

兵庫県警:移動先や異動の時期についてはお答えできません。

――今回の削除対応にあたり、内部で処分などはありましたか。

兵庫県警:処分についてはお答えしません。

――今回の件について、今後何か対応される予定はありますか。

兵庫県警:今回の件を今後の対応に生かしていきたいと思います。

 兵庫県警といえばほぼ同時期、掲示板に“無限アラート”(※1)へのリンクを貼った女子中学生ら(※2)を補導・検挙した件が物議を醸しており、ネット上ではこの件と並べて兵庫県警の対応を批判する声も多くみられました。

 ねとらぼ編集部でも「無限アラート」で検挙された男性の1人に取材していますが、男性も兵庫県警サイトの件については把握しており、インタビューの中で次のように語っています。

「書類送検の後に兵庫県警のサイトを確認したところ、利用者には告知せずGoogleアナリティクスを導入していたことも知りました。GoogleアナリティクスはCookieでデータを取得していることをプライバシーポリシーに明記する必要があると利用規約で定めているわけですから、兵庫県警はこの違反状態にあったということです。自分たちはいい加減なことをやっておいて、私には反省を促すという兵庫県警の姿勢には甚だ疑問です。」

※1:「何回閉じても無駄ですよ~ww」といったアラートが繰り返し表示されるJavaScript。一部報道では「ブラクラ(ブラウザクラッシャー)」とも書かれたが、厳密にはブラウザをクラッシュさせるようなものではなく、「ブラクラではない」とみる意見が多い

※2:女子中学生以外に、39歳と47歳の男性も検挙され家宅捜索を受けた
4/5(金) 米ベライゾンが5G開始 前倒しで「世界初」

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、高速大容量の第5世代(5G)に対応したスマートフォン向けサービスをシカゴなど2都市で始めたと発表した。スマホ向け5G通信の商用化は世界初という。

 韓国の通信大手KTが2日、同様のサービスを5日に始めると発表。ベライゾンは当初11日の開始を予定していたが、約1週間前倒しし「世界初」を奪い取った。

 一方、韓国メディアによると、韓国の通信大手3社もベライゾンの動きを察知して開始を早め、サービスを一部の芸能人らに限定し3日夜に始めた。ただ、一般向けサービスは予定通り5日からという。
4/4(木) 『レ・ミゼラブル』入場券の高額転売を確認 「座席番号」公開し警告

 東宝演劇部は3日、公式サイトおよびツイッターを通じて、東京・帝国劇場での4・5月公演 ミュージカル『レ・ミゼラブル』入場券について、転売サイトにて高額転売されている座席番号を確認したとし、同社が案内している販売窓口以外の、ネットオークションや転売サイトなどで購入した場合「その入場券ではご入場をお断りする場合がございます」と注意を促している。

 サイトではそのほか、「劇場受付において、お座席番号をお伝えになる方法や、スマートフォンなどのモバイル端末でご入場券を撮影された画面をご提示になる方法でのご入場などはお断り致しております」とし「ご入場券のお預かりに関しましても、券面に表記されている当該公演回の劇場の開場時間のみの受付とさせていただきます」と伝えた。

 続けて「座席番号のご入場券が、転売サイトにて高額転売されているのを確認しております」と記し、上演日と時間、実際の座席番号を公開。「各公演回に、該当のご入場券をお持ちのお客様に弊社からご入場券をご購入いただいたご本人かどうかの確認を写真付身分証にて行なわせていただきます」と呼びかけ「もしご購入者ご本人でないと弊社が判断した場合は、ご入場をお断りする場合がございますので予めご了承くださいませ」としている。

 なお、同社より案内している販売窓口で入場券を購入後、やむを得ない事情で観劇することが困難になった場合について、定価以下でのリセールを行っているサービス『音楽業界公認 公式チケットトレードセール チケトレ』と『定価以下限定のチケット救済サイト おけぴネット』を案内するとともに「検討くださいませ」とメッセージしている。

 『レ・ミゼラブル』は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴー氏が1862年に同名小説を出版。1985年に英ロンドンでミュージカルが初演されて以来、1987年に東京・帝国劇場で日本初演、その後も世界各国で上演され続け、人々を魅了する伝説のミュージカル。
4/2(火)

<新元号「令和」>掲げた菅氏に歓声 出身地・湯沢で市民と市職員PV

 平成に代わる新たな元号が「令和」と決まった1日、新元号を発表した菅義偉官房長官の出身地、秋田県湯沢市では、発表の記者会見を大画面で見守るパブリックビューイング(PV)が市役所1階で行われた。市民と市職員約150人が集まり、その瞬間を注視した。

 午前11時40分すぎに菅氏がまず「れいわ」と読みを明かすと、耳なじみのないせいか会場には一瞬ざわめきが広がった。大型テレビに「令和」の額を掲げる姿が映ると拍手が起こった。湯沢市民歌をモチーフとしたファンファーレを市職員が生演奏し、新元号決定を祝った。

 鈴木俊夫市長は「こんなに緊張している官房長官は見たことがない。多くの市民と歴史的場面を共有できて感慨無量だ」と語った。旧秋ノ宮小、旧秋ノ宮中で同級生だった同市の無職菊地洋一さん(70)は「『令和』はすごく良い元号だ。義偉と同級生との子どもの頃からの『和』を大事にしていきたい」と話した。

3/31(日)

え? きょうが「平成最後の日」? 勘違いする人続出、Twitterトレンド1位に

 3月31日朝、「平成最後の日」がTwitterのトレンドトップになっている。今日3月31日は、平成最後の日では「ない」が、勘違いした人が、「今日は平成最後の日ですね」などと投稿し、トレンドになったようだ。それを見た人が「今日は平成最後の日ではないのに」とツッコむ流れも加速し、大きな話題になっている。

 Twitterで「平成最後の日」を検索すると、「今日は平成最後の日ですね」「平成最後の日に撮った写真」「平成最後の日に出勤」など、今日3月31日を「平成最後の日」と勘違いしたツイートが多数投稿されおり、午前7時過ぎ時点で「平成最後の日」がトレンドトップになっている。

 その一方、「平成最後の日」のトレンドを見て、「え? 今日は平成最後の日じゃないよね」「平成最後の日は4月30日だぞ」「今日は平成最後の日ではなく、新元号発表の前日」などとツッコむ人も多数現れている。

 実際は、平成最後の日は4月30日。翌5月1日が新元号初日だ。だが、3月31日は年度終わりの区切りの日である上に、4月1日に新元号の「発表」が控えていることもあり、3月31日を「平成最後の日」と勘違いしてしまった人が多数いるようだ。

 新元号は4月1日午前11時半ごろからの記者会見で発表される予定。新元号発表の記者会見の模様は政府インターネットテレビなどでライブ配信される。

3/30(土) 新元号 195か国に一斉通知へ、外務省

 外務省は4月1日に新元号が発表された後、日本が承認する195か国に対し、新しい元号を一斉に通知する方針です。

 「(新元号の周知について)我が国が承認している195か国、それから国際機関などに、在外公館、在京の大使館などを通じて説明させていただく」(河野太郎外相)

 外務省によりますと、4月1日の新元号発表の後、速やかに5月1日に新天皇が即位することと、決定した新しい元号について、日本が承認する195か国と国際連合、EU=ヨーロッパ連合に一斉に通知します。195か国にはほとんどの国連加盟国のほか、国連未加盟のバチカンやコソボなどが含まれ、平成への改元の時にも同じように伝えたということです。
3/29(金)

携帯電話持ち込みは世界的課題 大阪がガイドライン発表「1年かけてルールや方針」解禁急がぬ方針へ変更

ガイドライン発表

 3月27日、大阪府教育庁が「小中学校携帯電話持ち込みのガイドライン」を正式に発表しました。「校内で電源を切る」等を除くとほぼ素案を踏襲していますが、新たに「平成31年度中には(中略)ルールや方針を定め」と明記してあります。これまではこの4月(つまり来月)から「一部解除」でしたが、1年かけてじっくりと議論していく方向性を打ち出したことは評価できます。正しい方向性でしょう。

今後の議論のために

 これまで賛成派と反対派とが激しく議論する場面を多く見ましたが、実はどちらの主張も似通っています。「情報化社会の今、情報端末利用のマナーやモラル育成は急務」は衆目の一致する意見ですし、「歩きスマホ、盗難、授業中の使用等が不安」も親心として当然です。しかし、いざ議論となると賛成派は「情報化社会の今、躊躇するのは前時代的」と声を荒らげ、反対派は「学校がたいへんなことになる」と頭を抱え、平行線です。

 今必要なのは冷静な議論です。今回、先生方、教育委員会の方、保護者、自治体関係者、海外の研究仲間、弁護士等、インタビュー調査を私なりに広く実施しました。彼らの意見を踏まえて、私なりに論点を5つに絞って書いてみます。

 この問題は実は世界的な課題で、日本固有の問題ではありません。韓国やニューヨークでは、携帯電話の持ち込みが許可されています。当初は学校保管でしたが、どちらも「学校保管」が人権問題とされ「生徒保管」に切り替わりました。さらに生徒保管をきっかけに携帯電話の授業中使用等が大きな問題になったことも同じです。国が違っても同じような経緯を辿っているのは興味深いです。一方、フランスは2018年、学校での携帯電話の使用を国として禁止しました。世界がスピードで同じ方向に進んでいるわけではなく、まさに世界中で試行錯誤が進んでいます。日本でもその試行錯誤が始まったとみるのが正しいところです。私はウィーン大学の客員研究員として、ウィーン大学で講義をしたことがあります。子どもと携帯電話の日本の状況を話したのですが、国によって差異がかなりあることも、また同じようなことで先生方が困っていることも分かっています。そのあたりも踏まえて記載したいと思います。蛇足ですが、講義後、ウィーンのカフェでの雑談の中で、ある国の研究者が「私の国は、国がダメといったら翌日からダメ。簡単ですよ」と笑っていましたが、日本はそういうわけにはいきません。民主主義国家だからこそ難しいのです。民主主義国家だからこそ、冷静な議論をすることが必要です。

論点整理のために

 今後、大阪だけでなく、多くの自治体や学校でこの問題について考えていくと思いますが、大事なのは方法とルール、時期等です。議論するためのポイントを5つ示しておきます。以下の論点をしっかりと議論し、確定した上で時期について検討していく順番でしょう。高校や私学の先行事例をもとにポイントを整理してみました。

ポイント1 学校での取扱

1.ロッカー等に入れる

2.校内使用禁止

3.昼休み、放課後等のみ使用可

4.授業中のみ禁止(休み時間は可)

 先行事例等から、以上のように1~4に大別できます。

 高校の先生方に聞くと、驚くほどあっさり「意外とうまくいっている」と言います。「生徒の状況に合わせたルールさえ作れば」とのことです。このあたりは生徒指導担当等の反対派はしっかりと耳を傾けるべきです。詳しく聞いてみました。

 下に行くほど緩いルールですが、重要なのは「ルールを明確にすること」です。宴席での高校の先生の戯れ言をあえて書くと、「偏差値の高い学校の生徒は自主性に任せて大丈夫。低い子は厳しいルールを示してあげなければ無茶苦茶になる」。各校の実態に応じて取扱を変える必要性があるということでしょうか。そのあたりの議論がまずは必要で、子どもたちの実態によっては実はかなり簡単に事が運ぶかもしれません。下の「懲戒規定」でもう少し詳しく書きます。

ポイント2 保管場所

1.学校保管

2.生徒保管

 1ロッカー保管

 2カバン保管

 3自由保管

 以上、2つ(5つ)に大別できます。

 上に行くほど学校の関与が高いです。授業中の使用や盗難等の不安は少ない反面、学校の責任を問われます。1台10万円とすると、500人分のスマホは5000万円です。保管には厳重な鍵付きロッカーが必要でしょう。

 下に行くほど生徒の自己責任です。学校の問題に詳しい峯本耕治弁護士(大阪弁護士会)に聞くと、「一般的な注意・指導を行っておけば、学校の責任は問われない」そうです。教育委員会や学校としては重要な点ですが、盗難やいじめ等の生徒指導上の不安、無断使用による学力低下の懸念もあり、難しいところです。

 大阪府は保管方法を、これらの2つ(5つ)の方法のうち「カバン保管」に限定しています。それについての説明が記載されていないのが残念ですが、これから「解禁」「一部解除」を検討する自治体、学校等はこのあたりについて十分に議論しておく必要があるでしょう。

ポイント3 懲戒規定

1.呼び出し没収、保護者返却

2.呼び出し没収

3.呼び出し

 以上、3つに大別できます。

 今回インタビューした高校の多くの先生が「懲戒規定に位置づけ、厳格な運用を心がけるとうまくいった」と話しました。「先生によって対応が異なったり、明確な基準がないと不満が出る」とのことです。当初は、細部が定まっていなかったのですが、「授業中使ったとき」「休み時間に使ったとき」「授業中に呼び出し音が鳴ったとき」等、具体的な場面ごとに前例が整理されていくとスムーズな適用ができるようになったそうです。何度言ってもやめなかったり、ひどいことをしたりした場合は、停学等の厳しい処分も辞さない覚悟が必要だと言います。

 高校の先生がよく言われる、ゼロトレです。アメリカで流行した「ゼロ・トレランス」の略で規則の運用時に必要な心構えで、文部科学省は「基準の明確化とその公正な運用」(文部科学省生徒指導メールマガジン16)と記載しています。つまり他の校則と同じで、基準を明確にして、公正に運用していくとスマホのルールもうまくいきます。決してスマホが特別なわけではありません。

 ただ、ここからが重要ですが、これから解禁するのは小中学校です。小中学校にはもちろん、停学も退学もありません。このあたりをしっかりと区別して考えておかないとたいへんなことになります。最も注意を要するところです。

 さらに、中学校の先生は、保護者返却に強い危惧を持っておられます。ある先生は「私のクラスは三分の一が『一人親家庭』です。保護者が取りに来てくれない場合、生徒が暴れそうです」と深刻そうに話されました。先日の同窓会で昔の教え子の子どもが来年から中学生だと聞いていたので電話してこのあたりについて聞いていました。「私のお店は日曜日が休みだから、取りに行くのは日曜日かな」と言っていました。「先生の働き方改革で日曜日は学校が閉まっているかも」と伝えると、「じゃあ無理。取り上げられないように息子にしっかり言い聞かせなきゃ」と笑っていました。平日に取りにいくつもりは全くなさそうでした。元担任としてもちろん、厳しく指導しましたが、小中学校にはこういう現実があります。

ポイント4 解禁時期

 以上のようなポイントについてしっかり議論した上で解禁時期について考える必要があります。これらのポイントを十分に吟味してはじめて、「時期尚早」なのか、「機が熟している」のか判断が可能です。大阪府教育庁が提示しているように1年くらいかけた丁寧な議論が必要です。大阪府の判断は極めて的確です。

 携帯電話の解禁は、間違いなく学校教育に大きな影響を与えます。首長、議員、自治会長、PTA会長、校長等、一部の声の大きい人の意見で決めるのは危険です。それぞれの学校、地域の事情に合わせた指導が必要です。スマホの所持率、教員と生徒の力関係、教員の指導力等、すべてを鑑みて総合的に判断しなければなりません。

 実は、各地の教育委員会事務局の方々はいろいろなことが最も見えておられますが、自分の意見を発言するのが難しいようです。特に大阪の方はなおさらです。「先生、自分の地域のためにここは主張されるべきです」と言うと、「竹内先生はいいですね」と苦笑いされます。「子どもたちのためです」と言うと「私たちの代わりに主張してください」と託されてしまいました。地方議員も当初は持論を強く展開される方が多数おられました。私に質問してこられたり、ブログで名指しで私の意見を批判されたり、議論をふっかけてこられたりと勇ましい方が多かったのですが、最近は支持者の意見が分かれているためか、目立った発言がめっきり減りました。どちらかに偏った意見を言うと、どちらかの支持を失うからでしょうか。民主主義社会を生きる私たち大人が、子どもたちの問題に対してこのままで良いわけありません。

ポイント5 授業での利用

 賛成派の一部がスマホの授業での活用を主張しています。この部分について私見を書きます。

 私立学校では先行事例が多くありますが、公立ではまだこの分野はあまり進んでいません。東京都教育委員会が2億円以上かけてBYOD(Bring Your Own Device)研究※1を、都立校7校で実施しています。この例を賛成派の方々は引用しますので、研究校の都立白鴎高校及び付属中学校に聞いてみました。高校生は登校すると鍵付きロッカーに保管し、必要な授業だけ取り出します。授業中の使用等、トラブルが増えたそうですが、想定内とのことで、2019年度も引き続き研究していくそうです。一方、同時に指定されている附属中学校は、携帯電話の持ち込み自体を禁止しています。象徴的な事例です。理由は聞かせてもらえませんでしたが、この種の研究についても「まずは高校からで、中学は時期尚早」という風潮があるのかもしれません。

 東京都は2018年度と2019年度、2年間かけて研究し、今後の方向を決めていくことになるそうです。まだ研究は始まったばかりです。そもそも授業での情報端末利用はほとんどの場合、タブレットやパソコンが想定されています。スマホのような小さい画面では簡単な検索くらいしかできません。できることが限られていることにわざわざトライする必要性は低いと考えます。(※1「Wi-Fi環境を普通教室に整備し、生徒の所有するICT機器を活用した学習支援等を実施することの有効性を検証し、導入時及び運用における課題の解決の方向性を検討する」東京都教育委員会)

 私が知っていて、学校での個人のスマホ活用が成功しているのは、公立では奈良市立一条高校くらいです。ここでも市が多額の予算措置をして校内Wi-Fi環境を整備しました。さらに、スマホごとに設定が必要なので、企業の専門家に定期的な支援を受けたそうです。こういう準備と支援が必要なのです。一条高校は、民間人校長の藤原氏(元リクルート)が校長時代に導入しました。当時の記録を見ると藤原氏は「高校生くらいになると授業中に活発に発言しなくなる。スマホで意見を書き込めば高校生でも自分の意見を主張し、活発な議論ができる」としています。藤原氏の狙いは的確で、時代にマッチしていたと思いますが、新しい学習指導要領は「主体的で対話的な深い学び」を推奨しています。そう考えるとスマホを使って、テキストでの議論を求めるのは前時代的なのかもしれません。そもそもスマホのような小さな画面で学習が進むとは考えにくいです。情報端末として想定されるのは、タブレットやパソコンでしょう。

 ここまで書いて学生に見てもらったら、「先生、僕たちは、テキストでのやりとりでも十分に『主体的で対話的』になりえます」と鼻で笑われました。急に不安になって、若手研究者の野口聡氏(京都外国語大学、情報教育専門)に聞いてみると、「中高生はスマホの小さい画面に慣れているので、意外と使いこなせるだろう」「教師が情報提供するときにはとても便利。生徒同士で情報共有するには、確かに画面が小さすぎて難しいかもしれないが」と話します。

 個人の経験だけで考えてはいけないということです。反省。

3/28(木)

ぬか漬けを始める男性が増加 「ぬか漬け男子」がSNSで話題に

発酵食品ブームで、ぬか漬けが注目されている。ある量販店では、プライベートブランドのぬか床の売上げがおよそ半年で400倍近く増加しているという。SNSでは「ぬか漬け男子」という言葉も生まれている。2019年は年明けから天候に恵まれ、野菜価格も安定。ここ数年、野菜相場に左右された市場だか、今年の商戦に期待するメーカーは多い。

2018年のいりぬか・漬物の素市場は、金額・数量とも前年比1%減(KSP-POSデータ)で横ばいだった。春先は野菜価格が安定し、出だしは好調だったが、6月の台風到来で野菜価格が高騰。後半戦は市場に逆風が吹き、前半ほどの勢いはなかった。野菜が高騰すればぬか漬けをする家庭が減り、天候に左右される商材であることをあらためて実感する年となった。

ここ数年の市場の動きで特徴的なのが、若い女性や芸能人が美容や健康を目的にぬか漬けを始め、ブログやツイッターなどのSNSで公開する動きが増えていることだ。

近年、SNSが市場に与える影響は大きく、ある量販店のプライベートブランドのぬか床が爆発的ヒットを記録するなど追い風にもなっている。SNSを中心に「ぬか漬け男子」なる言葉も生まれ、男女問わず、ぬか漬けに興味を持つ消費者が増えている。

東京都目黒区のある店舗では、ぬか漬けを新しく始める消費者のためにぬか床を預かり、手入れなどを代わりに行ってくれるという。利用客の半分以上は男性で、「小さいころ味わっていたぬか漬けをもう一度試したいがどうしたら良いか分からない」「オリジナルのぬか漬けを作りたい」などの理由で来店するという。

ぬか漬けを始める男性が増えている理由について「男性は凝り性。ぬか漬けを育てることに楽しみを見出しているのでは。女性がSNSを目的とするのとはちょっと違う、男性特有の楽しみ方を見つけているようだ」(メーカー)と分析する。

コンビニやスーパーのチルド売場では、ぬか付きの漬物が売れている実態がある。和食人気が世界的に広まり、日本の発酵文化が見直されるなど、視点を変えれば市場の伸びしろは多くある。ぬか漬けが、サラダで野菜を摂取する西洋文化より優れた発酵食材として見直されることも想定される。

安易な価格訴求に進まず、ぜいたく、ゆとりといった価値を訴求できるカテゴリーとしてアピールすることが、業界として必要な作業と考えられる。

※日本食糧新聞の2019年3月27日号の「いりぬか・ぬか漬けの素特集」から一部抜粋しました。

3/26(火)

iPhoneで使える「Apple Card」登場、2%還元で年会費・手数料ナシ

Apple CardはApple Pay専用のクレジットカード。iPhone上の操作で数分で発行でき、Apple Payでの支払いで利用できます。当初は米国向けに、今夏登場します。

アプリなどを購入したり、世界中のApple Pay加盟店で買い物できたりするなど、使い方は通常のApple Payと同じ。利用履歴は機械学習技術とApple Mapsのデータを活用することで、「セブン-イレブン○○店」のような分かりやすい形で表示され、店のカテゴリーごとに整理され、支出の傾向を可視化します。サポートはiMessageを活用し、住所変更などの手続きも簡単に行えるとしています。

還元率は2%で、Apple Storeでの買い物の場合は3%。「Apple Cash」としてiPhone上のバーチャルカードに毎日、還元されます。Apple Cashの残高はApple Payで利用したり、iMessageで送金したり、Apple Cardの支払いに充てたりできます。

Appleの登壇者は発表で「私たちの目標は、各顧客に、業界で最も低い金利を提供すること」と言及しつつ、Appleカードには通常のクレジットカードで設定されているような、支払い手数料、遅延手数料、年会費、国際手数料、制限超過手数料がないことを表明。毎月の支払いは、自分のペースにあわせて調整できる設計となっています。セキュリティについても、従来のクレジットカードにない要素を取り入れ、より安全な設計になっているとアピール。クレジットカードのコードはApple Cardを導入したデバイスごとに割り当てられる上、決済時には決済ごとにダイナミックセキュリティコードが発行され、Face IDやTouch IDの認証によって安全に支払いできるとしています。

そして、プライバシ面では、Appleは購入額や決済された場所、金額などを記録しない設計になっていると表明。支払いの記録や分類といった機能はAppleのサーバ上で処理せず、ハードウェア上の処理によって行うとのことです。

また、Apple Cardの物理カード版も提供されます。カード上に番号やセキュリティコードを表示しないデザインで、還元率は1%と控えめになっています。

Apple Cardはゴールドマンサックスがイシュアを担当。同社はコンシューマー向けの金融サービスに初めて参入するとのこと。国際ブランドはマスターカードとなっています。

3/25(月) フェイスブック、数億人のパスワードを暗号化せず保管

交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)は21日、利用者数億人分のパスワードが社内サーバー上にプレーンテキストで保管され、同社社員が読み取れる状態になっていたと発表した。

 フェイスブックのペドロ・カナフアティ(Pedro Canahuati)副社長(エンジニアリング・セキュリティー・プライバシー担当)はブログへの投稿で、「これらのパスワードは社外の人が見られる状態だったことは一度もなく、内部の誰かに悪用されたり不適切なアクセスをされたりしたとの証拠は見つかっていない」と述べた。

 カナフアティ氏によると、この問題が見つかったのは今年初めの定期セキュリティー点検でのことだった。フェイスブックをめぐっては、ユーザーのプライバシーやデータの適切な保護をめぐる問題が相次いでいる。

 同氏は、携帯端末向けの軽量版アプリ「Facebook Lite」利用者数億人や、他のフェイスブック利用者数千万人、インスタグラム(Instagram)の利用者数万人に対し通知を行う見通しだと説明している。

 この問題はフェイスブックの発表に先立ち、セキュリティー関連のニュースサイト「KrebsOnSecurity.com」を運営するブライアン・クレブズ(Brian Krebs)氏によって報じられていた。

 クレブズ氏が匿名のフェイスブック関係筋の話として伝えたところによると、これまでの内部調査により、最大6億人分のパスワードがプレーンテキスト形式で保管され、社員2万人余りが検索できる状態になっていたことが発覚。正確な件数はまだわからないものの、暗号化されていないユーザーパスワードのアーカイブは2012年までさかのぼることが分かったという
3/24(日)

母親の「スマホ育児」を悪とは断定できないワケ

 電車内や飲食店で子どもが泣いたり騒いだりしたとき、あやすためにスマホを差し出したことのある保護者は多いはず。親が何をしても泣きやまないのに、スマートフォンで動画を見せると、なぜか落ち着くという子どもは少なくない。

 先日も、電車内で急に泣き出した小さな子どもにYouTubeを見せる若いお母さんを見かけた。ところが、「まだ小さいのにスマホなんか与えて……」と非難めいた声がどこからか聞こえてきた。お母さんが困ったような顔をしている様子が気の毒そうに見えた。

 筆者は講演先などで、「ついスマホで動画とか見せちゃうんですが、大丈夫でしょうか」と、子育て中の親から相談されることがよくある。そんなとき、多くの人たちが、どこか申し訳なさそうな、恥ずかしそうな態度でいる。ここ数年で「スマホ育児」という言葉が広まったが、悪いイメージばかりが先行して、罪悪感と悩みで葛藤している保護者は少なくないようだ。

 はたして、スマホ育児は悪いことなのだろうか。スマホ育児のメリットとデメリット、保護者はスマホ育児とどう付き合えばいいのかを考えていきたい。

■「スマホ育児」のメリットとデメリット

 スマホ育児とは、主に「小さな子どもにスマホを使わせること」、または「育児中に保護者がスマホを利用すること」を指す。かくいう筆者も息子が大きくなるまで、スマホ育児をしてきた。

 2009年末に生まれた息子には、0歳のときからiPadを使わせていた。スマホもタブレットもまだ今のように普及していないので、スマホ育児という言葉自体がなかった時代だ。当然、悪影響もいっさい報じられていなかった。

 そんな環境だったので、0歳からむしろ教育に役立ちそうな「知育アプリ」を使わせていた。英語の発音アプリで英語を聞かせたり、音が鳴るアプリで音楽を演奏させたり、星座アプリで星を見せたりと色々トライした。中には結果が出なかったものもあるが、英語の発音は成長した今でも得意としている。

 また、電車で騒がれると困るので、スマホゲームをさせたこともある。かつて夫が遊んでいたゲームは、幼児でもとっつきやすいもので、息子は楽しんでいたし、静かにしてくれてとても便利だった。

3/23(土) 「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か

 「Googleマップから林道、細い路地、バス停が消えた」「建造物の情報が古くなった」「道路の形や名称、地形がおかしい」──そんな報告が3月21日夜からネット上で相次いでいる。実際に日本国内の地図が以前から変わっている他、一部の道路が欠損していたり、建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在している。

 Googleマップの見た目が変わってから、地図の右下にあるコピーライト表記にあったZENRINの文字が消え、「地図データ(C)2019 Google」となっている。これまで採用していた国内大手の地図メーカー・ゼンリンの地図データから、Googleが自前で用意した地図データに変更した可能性が高い。

 Googleは6日、Googleマップの日本向け地図を一新すると発表。より分かりやすい徒歩ナビゲーションや乗換案内、地図のダウンロードが可能になるとしていた。今回の変更はその一環とみられる。新機能として提供する「オフラインマップ」は、地図を事前にダウンロードしてオフライン環境でも見られるようにするものだが、日本ではこれまで「契約上の制限」として提供していなかった。

 ゼンリンはGoogleマップのサービス開始当初(2005年)から地図データをGoogleに提供。オフラインマップがついに日本で実装されるとの発表から、「両社で契約の折り合いがついたのでは」との見方もあったが、実際はゼンリンとの契約を終了し、Google製の地図データに切り替えて提供する方向に入ったとみるのが自然だ。

 Webサービスの地図を巡っては、12年に米AppleがiOS向けに公開した自社製の地図アプリで「パチンコガンダム駅」といった誤表記が続出し、話題になった。

 今回の新Googleマップは、不適切な道路の形状などが航空写真の画像に影響されている点が多数見受けられることから、「航空写真から道路の存在や形状を機械学習で検出しているのでは」「過疎地域ではスマートフォンの通過実績を使っているのでは」という指摘もある。

 3月22日時点では、以前の地図が見られる抜け道がある。道路からの風景が見られるストリートビューを開き、左下に表示される地図の拡大表示を行うと、従来の地図が表示される。

 Googleがこのような状況を把握していないとは考えにくく、どのような対策を取るのかに注目が集まりそうだ。GoogleマップはAndroid端末の標準地図アプリとして搭載されるなど、ユーザーも多いことから混乱はしばらく続くだろう。

 一方、ゼンリンは新たな提携パートナーを見つけたようだ。20日(現地時間)、Webサイトやアプリ向けに地図サービスを提供する米Mapboxは、ゼンリンと提携して日本の地図データを強化したと発表した。
3/22(金) Microsoft、Windows 7の画面に「サポート終了」通知を表示へ

 米Microsoftは3月20日、Windows 7のサポート終了通知に関する更新プログラムを公開した。Windows 7は2020年1月14日でサポートが終了する。以後はたとえ脆弱性が発覚したとしても、Windows 7向けの修正プログラムは配信されない。

 Microsoftが公開したブログ記事によれば、同社はユーザーに対してWindows 10への移行を促すため、4月からWindows 7の画面にサポート終了について注意を促す通知を表示する。この通知は、ユーザーが選択すれば表示を中止することも可能だという。

 Windows 7がリリースされたのは2009年10月22日。2020年1月14日に予定されているサポート打ち切りは、10年間で製品サポートを修了するというMicrosoftの方針に基づいている。Windows 7向けの「Internet Explorer(IE)」のサポートも、2020年1月14日で終了する。

 サポート終了後もWindows 7を使い続けることは可能だが、その場合、セキュリティリスクやウイルスに対してPCが脆弱になるとMicrosoftは警告。「自分とデータを守るためにも、最新のセキュリティ更新プログラムが配信されるWindows 10のような現代のOSにアップグレードすることが大切だ」と強調している。
3/21(木) 「電柱に5G基地局を」、東電やKDDI、ソフトバンク、楽天が実験

 東京電力パワーグリッド(東電PG)、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークは、2019年上期から、電柱などを5G向け基地局の設置に活用できるよう、2019年度上期から共同実証を行うことで合意した。

 5Gでは、従来よりも高い周波数を利用する。日本では3.5/4.5GHz帯と28GHz帯といった周波数帯の割当が予定されており、特に28GHz帯は携帯電話向けとしては、遮るものがあればより電波は届きにくくなる。そのため5G用の基地局は、設置数が増える見込み。

 その一方で、従来よりも増える基地局の設置場所をどう確保するか、あるいはアンテナが林立することでの景観への影響などが課題。そこで今回は、電柱などの電力インフラを活用できるか、実証実験が進められることになった。

 携帯電話会社のKDDI、ソフトバンクや楽天モバイルネットワークが参加することで、電柱に設置する装置や機器の配置、保守などのほかアンテナの共有による電波環境の状況などをチェックする。さらに5Gの活用を予定する事業者にも広く声を掛けていくという。

 東電PGによれば、電力インフラの有効活用を検討している中で、5G基地局の設置場所として電柱など電力インフラに注目していたKDDIと実証を行う話となったという。そこで、携帯電話各社へ呼び掛けたところ、合意にいたったソフトバンクや楽天も参加することになった。NTTドコモは今回の発表には加わっていないが、東電PG広報は「電力インフラは公共のものと捉えており、貸し出さないというものではない。広く活用してほしい」とコメント。今後条件がまとまれば、ドコモも参加する可能性がある。

 実証のスケジュール、ロードマップ、実施場所などはこれからとのこと、数多くの設置が必要な5G基地局という性質から電柱に着目した形となり、いわゆる住宅地での導入が期待される。
3/19(火) 新疆で「テロリスト」1.3万人逮捕 中国政府、批判に反論

中国政府は18日、新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)での取り締まりに対する批判に反論し、2014年以降に同自治区で計1万3000人近くの「テロリスト」を逮捕したと主張した。

 人権団体によると、新疆ウイグル自治区ではウイグル人などのイスラム教徒を中心とした少数派民族約100万人が収容施設に入れられており、中国政府は同自治区での政策をめぐり国際的な非難を浴びている。

 中国の内閣に相当する国務院は、こうした非難に反論する白書を発表し、「テロリズムや過激主義を支援するいかなる行動に対しても、法律にのっとり厳しく取り締まる」と説明。新疆は昔から中国領土であるものの、「テロリストと過激派の勢力」が同地域の歴史を「歪曲」することで分離独立運動を扇動していると主張した。

 また、「新疆は2014年以降、1588の暴力テロリスト集団を破壊し、テロリスト1万2995人を逮捕、爆発装置2025個を押収、4858の違法な宗教活動で3万645人を処罰し、違法宗教資料34万5229点を押収した」と記し、「新疆でのテロ対策と脱過激化闘争は、常に法の支配の下に行われてきた」と主張した
3/18(月) TOHOシネマズが鑑賞料金を値上げ 一般1900円に

TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表した。アルバイト人件費などの運営コストの増加を理由に、6月1日から料金を改定。TOHOシネマズ名の全国66拠点で、現在1800円の一般鑑賞料が1900円、1100円のファーストデイやレディースデイは1200円に変更される。

 TOHOシネマズは、以下のコメントを発表。「弊社では、デジタル映写機や自動券売機等の導入による運営の効率化を図るとともに、映画をより多くのお客様にお届けし楽しんでいただくために新規出店や鑑賞環境の改善などに努めて参りました。しかしながら、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増により、企業努力だけではこれらの吸収は極めて困難であると判断し、鑑賞料金を改定させていただきます。今後も更なる企業努力により、お客様にご満足いただけるようサービスの向上に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」。

 改定後は、現在1800円の一般鑑賞料金が1900円に。1100円のシニア、ファーストデイ、レディースデイ、TOHOシネマズデイは1200円、2200円の夫婦50割引(2人で)は2400円となる。大学・高校・中学・小学生、幼児、レイトショーの料金改定はなく、12月1日の「映画の日」は現行料金の1000円で実施される。
3/17(日)

「ポケモンGO」高齢者プレーヤー激増で再ブームのワケ

 ここは「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる東京・巣鴨。その一角で、お年寄りが集まって何やらスマホをいじっている。使い方が分からないのかと思ったら、“失礼な”と怒られた。

「『ポケモンGO』をやってんのよ。老人会の友達に勧められて始めたのがきっかけ。まさか、こんなにハマるなんて自分でもビックリだわよ」(70代の女性)

 ポケモンGOといえば、3年前にサービスを開始したスマホゲームである。「AR(拡張現実)」という技術を使って、街中にひそむキャラクター「ポケットモンスター」を捕まえ、コレクションを競うというものだ。一時は、あちこちにスマホを見つめる集団が出来るほどの爆発的人気だったのはご存じのとおり。もちろん、当時は、若者が中心である。

 ところが、スマホゲームは流行り廃りが早い。

「『ポケモンGO』は、モンスターを捕まえるアイテムを購入することで開発・配信元である米国のナイアンティック社が収入を得る仕組みになっているのですが、当初は約1千億円の売り上げがあった。しかし、すぐにユーザー離れが起き、昨年は800億円台に落ち込んでいたのです」(ゲームライター)

 そのため、新たに改良を加え、

「バトル機能や友達同士でゲットしたモンスターを交換できる新機能などを追加したところ、ユーザーから改めて高い支持を頂くようになりました」(アプリの共同開発を行っている株式会社「ポケモン」の担当者)

 ところが増えたのは若者だけではなかった。最近では、巣鴨の他にも高円寺駅前、高田馬場でも、おじさんおばさんが集まってモンスターのゲットに興じている姿が目につくのだ。

「『ポケモンGO』をやると、1日の歩数で平均1473歩増えるので、健康に良いのです」(日本運動疫学会の関係者)

 くれぐれも足元に気をつけて楽しんでください。

3/16(土) 壁の花粉分解する塗料を開発 関西ペイント

 関西ペイントは15日、壁に付着する花粉などに含まれ、アレルギーの原因となるタンパク質を分解する塗料を開発したと発表した。4月1日に塗料販売店などを通じて発売し、住宅や教育施設などでの普及を目指す。将来的にはホームセンターやインターネット通販での展開も検討する。

 石野博社長は「花粉症に悩む人からの圧倒的なニーズがあると思うので(製品が)届いてほしい」と期待を語った。

 製品名は「ハイドロフレッシュ」で、希望小売価格は1缶4キログラムで5万1840円。1缶で約80平方メートル分を塗装できる。壁紙の上からでも使うことができ、一度塗れば効果は約10年続くという。
3/15(金) SNS被害の子ども1800人超 18歳未満、殺人も

 昨年1年間に出会い系以外の会員制交流サイト(SNS)を利用して性犯罪などの被害に遭った18歳未満の子どもは1811人だったことが14日、警察庁のまとめで分かった。前年から2人減ったが依然として高水準となっている。

 全体の5割強の991人が高校生で、中学生624人、小学生55人など。

 淫行など「青少年保護育成条例違反」が最多の749人。金銭を渡してみだらな行為をする「児童買春」が399人、自画撮り被害を含む「児童ポルノ」が545人だった。

 最も多いのはツイッターで718人。LINEは80人だった。チャット系の「ひま部」214人、「マリンチャット」78人。
3/14(木) 「Gmail」や「Google ドライブ」で障害発生--現在は復旧

 3月13日11時頃より、Googleの一部サービスで障害が発生している。

 Googleが各サービスのステータス情報を提供するG Suite ステータス ダッシュボードによると、GmailGoogle ドライブで障害が発生している。編集部では、メールの送受信は可能なものの、添付ファイルのダウンロードに時間が掛かるといった状況となっている。

 またTwitter上では、Google マップなどのその他サービスについても、画像読み込み遅延などの障害が見られるとの声が上がっている。

15時30分追記
Googleは15時13分、サービスが完全復旧したと発表した。同社は「Googleではシステムの信頼性を最優先事項としており、システムのさらなる改善のために努力しています」とコメントしている。
3/12(火) 震災復興へ、次世代技術で挑む 「自動運転・水素・5G」活用の動き本格化

 東日本大震災の発生から11日で8年となる。被災地では、自動運転や水素社会、第5世代(5G)移動通信方式によるモノのインターネット(IoT)を復興に活用する動きが本格化している。働き手不足が深刻化する一方で、地域の活性化には新たな成長産業の創出が必要なためで、被災地の課題に次世代技術で挑む。

 岩手県陸前高田市のJR大船渡線竹駒駅。津波で線路が流出したため、地元の足を担うのがバス高速輸送システム(BRT)だ。ここで日本初となるBRTの自動運転実証実験が行われた。

 運転手が運転席横のボタンを押すと自動運転バスは発車。運転席に運転手は座っているが操作はしない。それでもスムーズに滑り出し、走行レーンに沿って時速約30キロで走っていく。

 2車線のレーンが1車線になった場所では、前方から近づくバスを待つため自動で停止。すれ違うと、再び自動で走り始めた。実験走行が行われた447メートル区間の路面には、磁気でバスの走行位置を確認できるマーカーが埋め込まれる。

 JR東日本技術イノベーション推進本部の佐藤勲部長は「専用道なので実験はしやすい。BRTは東北復興のシンボルで、イノベーションで復興の力になりたい」と語る。実用化の時期は未定だが、技術的に大きな課題はないという。

 東京電力福島第1原発事故からの復興に取り組む福島県では、脱炭素社会の切り札と期待される水素工場が浪江町に誕生しようとしている。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東北電力などが、大規模太陽光発電所で発電した電力を用いた世界最大規模の水素工場を建設中だ。2020年7月までに実証運用と水素輸送を行う。

 年間900トンの水素を生産できる世界最大級の施設で、最先端研究の場ともなることから、国内外の人的な交流拠点として地域活性化も期待される。工場で生産された水素を20年の東京五輪・パラリンピックで、燃料電池車や聖火台、聖火リレーのトーチの燃料として使い、最先端技術としてPRする計画もある。地元は「復興の目玉に」と期待する。

 岩手大学と連携協定を結ぶNTTドコモは、5GによるIoTで、岩手県沿岸部にある魚の陸上養殖や養鶏場を、約100キロ離れた盛岡市から遠隔管理する実証実験を実施。漁業や養鶏業の人手不足解消に向けた省力化に取り組んでいる
3/10(日) NASA長官「新時代」クルードラゴン帰還

アメリカの民間宇宙企業「スペースX」が打ち上げた有人型宇宙船が8日、地球に帰還した。8年ぶりとなるアメリカ本土からの有人飛行再開に向け大きく前進した。

民間宇宙企業「スペースX」が打ち上げた有人型の宇宙船「クルードラゴン」はISS(=国際宇宙ステーション)から切り離され、日本時間8日午後10時45分、フロリダ沖合の海上に着水し、地球に帰還した。今回の無人の試験飛行は、打ち上げから国際宇宙ステーションとのドッキング、地球への帰還まですべて成功した。

NASAブライデンスタイン長官「アメリカの有人宇宙飛行における新しい時代の幕開けだ」

今回の成功で、2011年のスペースシャトル退役以降中断しているアメリカ本土からの宇宙飛行士打ち上げ再開に向け、大きく前進した。回収したデータに問題がなければ、この夏にもアメリカ人宇宙飛行士2人が打ち上げられる予定。

3/9(土)

中古スマホは5段階で格付け 販売のガイドライン発表

 国内の中古スマートフォン販売事業者などでつくる業界団体「リユースモバイル・ジャパン(RMJ)」は8日、中古スマホの劣化度合いを5段階で格付けするなど、販売する際の統一基準(ガイドライン)を公表した。安価で買える中古スマホは、端末の購入代金と毎月の通信料金を完全に切り離した「分離プラン」の義務化で需要増が見込まれる。記録された個人情報の消去方法なども明確にし、中古品への消費者の不安を払拭する。

 統一基準は中古スマホ事業者が端末の買い取りや販売をする際の指針。傷や汚れ、機能に不具合がないかなどを確認し、未使用品から激しい損傷のあるものまで、5段階で格付けする。販売時に示さなければならない評価項目も明示した。ただ、バッテリーは消耗度合いの統一評価が難しいとして対象から外した。

 端末に記録されているデータについては、買い取り時と検査時の2回初期化し、第三者が消去の確認を行う。中古スマホ事業者にはデータ消去できるシステムを用意するよう求めた。10月までに法人同士の中古端末のやりとりなどにも基準を適用するほか、事業者の認定制度などを作り、消費者が中古スマホを安心して使える環境を整える。

 スマホの端末価格は機能競争の結果、最上位機種で10万円を超えることも多くなるなど高騰傾向にある。分離プランで、特定の通信契約を条件にした端末購入代金の大幅な値引きがなくなれば、安価な中古スマホの需要拡大が見込まれる。

 総務省の調査では、利用済み端末の約6割が消費者自身が廃棄もしくは保管しており、国内の中古品市場で流通するのは1割にも満たない。RMJの粟津浜一会長はガイドラインについて、「消費者が安心安全に取引できる市場を形成、発展させる」と話した。
3/7(木) iPhoneの規約が変更、「非正規バッテリー端末」も修理対象に

これまで一部のiPhoneユーザーの悩みのタネとなっていたのが、非正規店でバッテリー交換をした場合、アップルの正規のサービスプロバイダで修理が受けられなくなることだった。しかし、この状況に変化がもたらされることになる。

ニュースサイトiGenerationが入手したアップルの社内向け文書が、有力情報サイトのMacRumorの取材で本物であることが確認された。アップルは今後、非正規の修理業者でバッテリー交換を行ったiPhoneに対しても、正規品と同等の修理サービスを提供する。

今回のルール改変により、iPhoneオーナーらはコストを抑えつつ、端末を長年利用できるようになる。

アップルはこれまで、サードパーティ製のバッテリーを搭載したiPhoneは、ジーニアスバーや認定サービスプロバイダにおける修理対象から除外していた。しかし、同社はこの規定を廃止し、非正規のバッテリーと交換した端末でも、正規品と同等の修理が受けられるようにする。

また、バッテリーに起因する深刻なトラブルが起きた端末をアップル製品の修理拠点に持ち込んだ場合、状態によっては、新品のバッテリーの費用を負担するだけで、新たな端末と交換してもらうことも可能になるという。

アップルはバッテリー性能が低下したiPhoneの動作速度を、低下させる措置をとっており、早ければ購入から1年で速度が低下する場合もある。そんな中、非正規のバッテリー交換サービスを受けた端末であっても、正規品と同様の修理サービスが受けれるのはありがたい話だ。これにより、1つの端末を従来よりも長い期間、使用することが可能になる。

しかし、アップル側としては、この措置で売上を伸ばせる訳ではない。同社にメリットがあるとしたら、消費者のアップルブランドへの忠誠心を、より長期間に渡り維持できることだろう。

アップルが今年発売するiPhoneは、昨年のモデルと大した違いがないものになると見られている。そんな中、以前よりも寛大な修理ポリシーを導入することで、アップルは顧客からの信頼感を高めようとしているのかもしれない。

ただし、今回の規約変更が適用されるのは非正規バッテリーを搭載した端末のみであり、非正規のロジックボードなどを搭載した端末は、今後もサポート外とされる。
3/5(火) 携帯値下げへ改正法案決定 端末・通信料の分離プラン義務化

 政府は5日、携帯電話料金の引き下げに向けた電気通信事業法の改正案を閣議決定した。回線契約とセットにした端末値引きを禁止し、端末代金と月々の通信料を切り離した「分離プラン」の提供を義務化することが柱。販売代理店の不適切な営業を規制し、消費者保護も充実させる。今国会での成立を目指す。

 日本の携帯料金は諸外国と比べ高額だと指摘される。総務省はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社による寡占で競争が働いていないと判断。料金プランの複雑さを解消し、通信料を比較しやすくすることで格安スマートフォン事業者を含めた競争を促す狙いだ。
3/1(金) ポケモン完全新作『ソード・シールド』今冬Switchで世界同時発売 3匹のポケモンも公開

 大人気ゲーム『ポケットモンスター』のシリーズ最新作のタイトルが『ポケットモンスター ソード・シールド』に決定し、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で今冬に全世界で同時発売されることが、27日にYouTubeやニコニコ生放送で放送された「ポケモンダイレクト」内で発表された。シリーズとしてはリメイク版などを含めて19作目、完全新作としては8作目となる。

 冒険は、穏やかな田園風景や近代的な都市、雄大な草原や険しい雪山など、いろいろな表情を持つ広大なガラル地方が舞台。ここでは、人とポケモンが共に暮らしながら、協力して産業を発展させており、主人公は、この地方に点在する「ジム」をめぐり、憧れのチャンピオンを目指す。

 また、主人公が最初に選べる3匹のポケモンも公開され、草タイプで”こざる”ポケモンのサルノリ、炎タイプで”うさぎ”ポケモンのヒバニー、水タイプで”とかげ”ポケモンのメッソンの姿もお披露目された。

 対応言語は日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)。

 この日2月27日は、1996年に発売された初代赤・緑verの発売日という記念の日で、シリーズとして23年目を迎えた。今作の発売は昨年5月に行われた『ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ・イーブイ』の新作発表会にて、2019年後半にニンテンドースイッチで新たなシリーズを発売することが明かされていた。

 また、ポケモンダイレクトの放送前には、ゲームの開発に携わっているゲームフリークの増田順一氏が今月15日に自身のツイッターで、新作発表を予感させる画像を投稿しており、ネット上では「新作のヒントか?」と話題となっていた。

 その画像はポケモンGOに登場するビードルを捕まえたものなのだが、飴の数が226個で新作を発表する「ポケモンダイレクト」放送告知日が2月26日と予想。さらに、CP199&重さ4.16キログラムであることから、ポケモン図鑑のNoに照らし合わせ、ヤドキング(No199)、ビークイン(No416)の名前にちなみ新作のタイトルは「キング・クイーン」と推測するファンが多くいたが、結果は「ソードとシールド」で違うものとなった。

■『ポケットモンスター』シリーズ一覧(発売年)※リメイク、マイナーチェンジ版は除く
1:ポケットモンスター 赤・緑(1996年)
2:ポケットモンスター 金・銀(1999年)
3:ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年)
4:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年)
5:ポケットモンスターブラック・ホワイト(2010年)
6:ポケットモンスター X・Y(2013年)
7:ポケットモンスター サン・ムーン(2016年)
8:ポケットモンスター ソード・シールド(2019年冬)
2/28(木)
スマートヘルメット新時代到来【視界に情報が浮かび上がる未来】

世界最大の家電見本市で続々登場

毎年1月初旬にアメリカのラスベガスで開催される世界最大規模の家電見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(通称:CES)。2019年の展示内容として、通信モジュールとHUD(ヘッドアップディスプレイ)やカメラを搭載した”スマートヘルメット”の出展が目立っていた。そして日本市場でも、ヘルメットメーカーであるSHOEIが動き出したことで、スマートヘルメットがグッと現実味を帯びてきた。


スマホやバイクの情報が視界の中に浮かび上がる

毎年1月初旬にアメリカのラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(通称:CES)。世界最大規模の家電見本市だが、最近では自動運転技術の進化や電動化の流れを受けて、世界各国の自動車メーカーもこぞって出展している。さらに2017年にはホンダが「ホンダ・ライディング・アシスト」を、2018年にはヤマハが「モトロイド」を出展するなど、二輪車の業界からも一目置かれる展示会となっている。

そんなCESだが、今年は”スマートヘルメット”の出展が目立った。スマートヘルメットとは、通信モジュールとHUD(ヘッドアップディスプレイ)やカメラを搭載したヘルメットのこと。バイクやスマートフォンと無線で接続し、そこから得た情報やカメラの映像をHUDに表示したり、ヘルメットに内蔵したスピーカーで音声を聞いたりすることで、ライディングをもっと快適に、そして安全にしてくれるという近未来のヘルメットだ。

ここ数年、こうしたスマートヘルメットを製作するベンチャー企業が次々と登場し、CESでもスマートヘルメットの出展が見られるようになっている。そして今年のCESにはなんと、あのSHOEIと日本のHUDメーカーがコラボしたヘルメットがついに登場した。これまではITベンチャーが作るヘルメットということで、日本市場ではなかなか製品として実現する可能性が薄かったが、ヘルメットメーカーであるSHOEIが動き出したことで、スマートヘルメットがグッと現実味を帯びてきたわけだ。

2/26(火)

「あの日本人は敵だ」同じ県民に非難され… 基地の中から見た沖縄県民投票

 沖縄本島中部の基地従業員男性(27)は、米軍と県民の板挟みになった経験がある。

 2016年、米軍属による暴行殺人事件が起きた後のこと。米軍嘉手納基地のゲート前で抗議する集会が開かれたさなか、基地の警備員を務めていた男性に声が飛んだ。

 「あの日本人は敵だ」

 基地との境界線「イエローライン」を挟んで20、30メートル先にいる市民100人以上の中から指をさされ、拡声器越しに浴びせられた、同じ県民からの言葉。「生活のために働いているだけなのに」。やるせなかった。

職業上は賛成

 男性によると、警備員の仕事はゲートを出入りする米兵らの身分証を確かめ、基地内の交通違反を取り締まる。違反切符を切った経験はなく「普段は出掛ける人に『行ってらっしゃい』と笑顔であいさつするくらいの平穏さ」で、抗議集会は「初めて出合った緊迫感」。ギャップに戸惑った。

 男性は英語圏で働きながら英語を学んで帰国し、本土の期間工を経て基地従業員に。「県外から故郷のよさが見えた。どうせ働くなら、将来に役立てるために英語力を高めたい」と思った。男性によると基地従業員は週5日、8時間勤務で残業ゼロ。福利厚生も充実している。「職業上は新基地建設に賛成する。だが100パーセントではない」

 フェンスに囲まれた基地内で、男性は同僚、上司の米兵と飲み会に行く。「米軍は基地の外でどう思われているか知っている。日本人への接し方は、日本人がするよりも丁寧」。羽目を外す若い軍人も見る。「抑止力として、日本で起きた米軍絡みの事件・事故は全て日本で捜査、裁判できるようにするべきだ」と、日米地位協定の改定に消極的な日本政府も歯がゆい。

三択でよかった

 本島南部で生まれ育ち、沖縄戦の犠牲にされた親族が多い。「基地がなくなれば一番いい」とは思う。

 でも、県民投票で「反対にマル」をためらった理由が二つある。一つは「新基地ができないと安全保障はどうなるのか」。もう一つは「基地返還後にできるのは大型商業施設。雇用は増えても、若い人が安い給料で働く場になるだけでは」と、基地返還後のビジョンに疑問があるからだ。

 今回の県民投票で「どちらでもない」が選択肢に加わり、男性は喜んだ。「複雑な思いがあって『どちらでもない』を選ぶ。県民投票が、いろいろな立場に立たされた県民同士、互いに理解を深めるきっかけになれば」と願い、期日前投票を終えた

2/25(月)

新参ソニーがカメラ最高級市場で初のシェア1位、悩むキヤノンとニコン

 一眼レフカメラと比較して小型、軽量などのメリットがあるミラーレス一眼カメラ市場で、「フルサイズモデル」の競争が激化している。スマートフォンの登場でカメラ市場の縮小が止まらぬ中、数少ない成長分野。2013年に参戦したソニーの独占状態が続いていたが、18年にニコン、キヤノンが参戦。3月末にはパナソニックも参戦する予定だ。

 高性能センサーを搭載したフルサイズモデルは一般に、プロやハイアマチュアが使う高級カメラだ。いわばカメラヒエラルキーの頂点。ここでシェアを取れば波及効果は大きく、各社の鼻息は荒い。

 「18年に通年で初めて、(一眼レフとミラーレス一眼カメラを合わせた)フルサイズ市場でグローバルシェアナンバーワンを獲得した」と、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの大島正昭担当部長は胸を張る。けん引するのは、13年発売のミラーレス一眼カメラαシリーズ。特に17年発売の「α9」は高速連写機能などに優れ、「ミラーレスの歴史的なターニングポイント」と自負する。

 他社もうごめく。キヤノン新製品発表会は2月14日、パナソニック新製品発表会と同時間帯に開催され、「つばぜり合いか」と業界関係者の耳目を集めた。さらに話題になったのが新製品「EOS RP」の本体参考価格だ。

 最近のフルサイズミラーレス一眼カメラとしては格安の約16万円。低価格、高性能の「EOS Kiss Digital」でキヤノンが一眼レフのデジタルカメラを一気に普及させた“03年の再来”を狙っているかのようだ。

● それでもソニー1強か

 ソニー躍進の陰で、フルサイズのシェアを減らしてきたのが一眼レフのフルサイズ2大巨頭のキヤノン、ニコンだった。遅ればせながら18年後半、ニコンは2機、キヤノンは1機(さらに前出の1機を3月中旬発売)のフルサイズミラーレス一眼カメラを発売した。

 ただしBCN調べでは、両社の市場参入後の18年末でもソニーはフルサイズミラーレス一眼カメラシェアで60%超をキープ。この分野で先行者故にボディー(9機)とレンズ(48本)のラインアップでキヤノンとニコンを凌駕、「両社がラインアップを充実させるにはあと2、3年はかかるだろう」とBCNの道越一郎アナリスト。故に少なくとも数年は、「ソニー1強」が有力視されている。

 新興ソニーに負けて屈辱であろうキヤノン、ニコンにとってさらに悩ましい問題は、それぞれが展開してきた一眼レフのフルサイズとのカニバリ(共食い)だ。特に高齢カメラファンにとって、軽量、小型のミラーレスは垂ぜんの的。こういった層が一眼レフから流れているだけという面は拭えない。

 当面はカニバリがほぼないソニーの高笑いが続きそうだ。

2/24(日) 世界初アンドロイド観音が開眼法要 動き、語る仏像に進化、京都・高台寺

 世界初のロボットの仏像、アンドロイド観音マインダー」が完成し、京都市東山区の高台寺で23日お披露目された。高台寺の僧侶らが開眼法要を行った後、マインダーは般若心経の教えを説く初めての説法を行った。

 マインダーは高台寺が2017年9月から、大阪大の石黒浩教授の研究室に属する小川浩平講師(36)の協力を得て製作していた。高さ195センチ、幅90センチ、奥行き90センチ、製作費約5千万円。
 顔や手部分はシリコン製だが、大半はアルミニウム材がむき出しとなっている。左目部分にカメラが内蔵されており、聴衆と目を合わせることが可能で、人工的に作成した音声で話す。
 この日は、高台寺の僧侶が観音菩薩像として魂を迎え入れる開眼法要を行った後、マインダーが約25分間の法話をした。法話は、プロジェクションマッピング技術で四方の壁に映し出された聴衆と対話するように進行。般若心経の内容をテーマに、「空(くう)はすべてが変化し続けるという意味」「仏教は修行者のものではなく、みんなのもの。多くの人に教えを伝えてほしい」などと説いた。
 会見した高台寺の後藤典生執事長(70)は「約2千年前に仏像ができて仏教が分かりやすくなった。そろそろ進化するとき。動いて語りかける仏像を作りたかった」と話した。
 3月8日~5月6日まで一般向けに公開する。中学生以上が対象で1回50人の1日2~5回の入れ替え制。同寺ホームページで予約を受け付ける。
2/23(土) 携帯料金値下げへ中間報告書の骨子案 総務省

 総務省は22日、携帯電話料金の引き下げを議論する有識者会議を開き、格安スマートフォン事業者が携帯電話大手から通信回線を借りる際に支払う「接続料」について、将来の値下がりを考慮した算定方式への変更を求めた中間報告書の骨子案をまとめた。消費者が契約内容を理解しやすいよう、契約期間中の通信料金と端末代金の総額を事前に示すことなども提言した。

 算定方式の見直しは、格安スマホ事業者と携帯大手との競争上の不平等を是正することが目的。値下がり傾向が反映された接続料が設定されれば、格安スマホ事業者は事業戦略を立てやすくなり、料金値下げやサービスの多様化につながる。新しい算定方式は平成32年度から適用する方針。

 また、格安スマホ事業者への回線提供に積極的な携帯電話大手には、周波数の割当などで優遇する措置をとる。さらに契約期間中に支払う総額を事前に示すよう事業者に求め、消費者が契約内容を理解してサービスを選べるようにする。

 総務省は1月、端末購入代金と毎月の通信料金を完全に分離する「分離プラン」を事業者に義務付ける緊急提言を発表。上部組織の特別委員会で今年末に最終答申をとりまとめる。
2/22(金) はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、「小惑星探査機『はやぶさ2』が、地球と火星の間にある小惑星『リュウグウ』への着陸に成功したと判断した」と発表した。同日午前8時前、相模原市中央区のJAXA宇宙科学研究所の管制室に集まったメンバーに拍手と笑顔が広がった。

 小惑星に着陸、上昇した探査機は、2005年に小惑星イトカワへ着陸した先代「はやぶさ」に次ぐ2機目。今回は、リュウグウ表面の直径6メートルの円内という非常に狭い場所への着陸を目指し、極めて高度な運用が求められていた。

 はやぶさ2は21日午後1時15分ごろ、リュウグウの高度20キロから降下を開始した。高度5キロで減速し、ゆっくりとリュウグウへ近付いた。高度45メートルで昨年10月に投下した目印のボール(ターゲットマーカー)をとらえ、ターゲットマーカーに向かって高度8.5メートルまで降下した。直径6メートルの円の中心はターゲットマーカーから約4メートル離れているが、円内へピンポイントで探査機を導くため、そこからはターゲットマーカーを横目にとらえながら降下する運用をした。

 JAXAによると、午前7時48分ごろ、まず探査機からの電波の変化で、降下していたはやぶさ2が上昇に転じたことが確認された。上昇のスピードは計画通りで、降下中止による上昇ではないとみられる。さらに午前8時5分ごろ、探査機からの詳細なデータが届き始めた。その結果、午前8時9分ごろ、リュウグウ表面の物質を採取するための弾丸発射の指令が計画通りに出されたことも確認されたという。

 この降下方法は「ピンポイントタッチダウン」と呼ばれ、極めて高度な探査機の誘導法だ。同じく小惑星探査に取り組んでいる米航空宇宙局(NASA)からも「後で直径6メートルに降りる方法を教えてほしい」と依頼されているという。

 探査機がリュウグウへ着陸したかどうかは、探査機から届く電波とデータから判断する。電波の変化からは探査機が降下から上昇に転じたかどうか、データからは事前に探査機に送った指令通りに動いたかどうかが分かるという。JAXAはこれらから「はやぶさ2がリュウグウに着陸し、上昇しており、着陸運用は成功したようだ」と判断したとみられる

2/21(木)

自動運転に向け車検制度を改正 国交省 電子制御装置の検査追加へ

 自動運転に向けた各種の新技術に対応するため、国土交通省は20日、自動車の車検制度を改正する方針を固めた。従来のブレーキやハンドルの動作などの検査に加え、新たに、自動ブレーキや車線維持機能の電子制御装置の確認などを検査項目に盛り込む。平成33年後半以降の新型車や全面改良車種からが対象で、実際の車検に活用するのは3年後の36年後半以降になる。

 また、車検証も紙からクレジットカードなどと同サイズのICチップ付きカードに変更し、電子化するなど、車検制度自体が大きく変わることになる。

 近年、自動ブレーキなどの自動運転技術が普及してきたが、故障した場合には誤作動して重大事故につながる可能性も高い。だが、現状の車検制度では、これらの電子装置についての機能確認は義務付けられていない。

 一方、最近の自動車では、電子装置の状態を監視し、故障を記録するために「車載式故障診断装置」の搭載が一般化している。新制度では、同装置を活用して検査するよう、道路運送車両法に基づく省令を変更する。検査には診断装置のデータを読み取るための機器「スキャンツール」が必要だが、検査用ソフトは無料で提供され、機器を車両に接続するだけで、簡単に検査できる。

 車検証の電子化は、政府の各種手続きのオンライン化加速の流れの中で、「自動車保有関係手続きワンストップサービス」を拡充するためだ。車検に関連する申請や、各種データの書き換えをオンラインで処理できるようになれば、車検証を受け取りに、運輸支局に出向く必要がなくなる。

 こちらも34年度中に、システムを整備し、それ以降の新型車や車検を通過させた車両についてICカード車検証に切り替えていく。
2/19(火) ネットが結ぶ「仏の縁」 ユーチューブ法話、若手僧侶が挑戦

 仏教の教えを説く「法話」をインターネットの動画投稿サイトで発信する若手僧侶たちがいる。数万回視聴された動画もあり、若者の寺離れが進む中で新たな布教のスタイルとして注目されそうだ。

 「お釈迦(しゃか)様は、人生で思い通りになることは何もないとおっしゃっています」。不動明王像の前に座る僧侶が優しい表情で語りかける。「でも、思い通りにならないのが普通という心持ちでいれば、自分で歩ける、おいしく食べられる、当たり前のようなことにありがたみを感じられます」

 源平合戦の舞台として知られる須磨寺(真言宗須磨寺派、神戸市須磨区)の小池陽人(ようにん)副住職(32)は、2017年6月から動画投稿サイト「YouTube」(ユーチューブ)に法話を投稿している。19年2月現在で約60本、上記の「思い通りにならない それが人生」は約2万2000回視聴された。

 ウェブ制作会社の知人から提案され、当初は「未熟な自分にできるか」とためらったが「今の感覚でしか語れないことがある」と決意。また「最新の教えを学ぶため命がけで唐に渡った(宗祖の)弘法大師なら、現代の最新技術も駆使したはず」とも考えた。動画は10分前後に編集し、2週間に1度投稿する。

 ユーチューブならではの出会いもあった。「入院中に偶然見つけ勇気づけられた」と寺を訪れた男性がいた。サイトのコメント欄で自殺をほのめかした女性を寺に招いて話を聞き、「元気をもらった」と言われたこともある。「まだ試行錯誤だが、うまく使えばこれまで届かなかった人たちに仏教の魅力を伝えられる」と手応えを語る。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で広がるケースもある。演劇など多彩な文化活動の場となっている應典院(大阪市天王寺区)の秋田光軌(みつき)主幹(33)は昨秋、3週間限定で法話をユーチューブに投稿。「知人がフェイスブックで紹介した動画は視聴回数が大幅に伸びた」と振り返る。

 「終活カウンセラー」として活動するタレントのおちあやこさん(42)から「若い世代も日常的に仏教に触れられる発信を」と提案されたのがきっかけ。通勤途中にスマートフォンで見ることを想定し、3分程度とコンパクトにまとめ平日の朝に投稿した。秋田さんは「動画は『檀家(だんか)とお寺』という関係を超え、僧侶の人柄が直接届く。『このお坊さんと会って話がしたい』という個人同士のつながりが生まれやすいのでは」と可能性を感じている。【花澤茂人】

 ◇生きづらい世の中、入り口に

 佛教大の大谷栄一教授(宗教社会学)の話 戦前にラジオ法話が人気となるなど、最新メディアで発信する動きは過去にもあった。ただ動画投稿サイトはよりハードルが低く双方向性がある。僧侶によるお悩み相談サイトも人気だ。檀家制度は弱体化しつつあるが生きづらさの中で仏教に興味を持つ人は依然多く、そうした人たちの入り口となっているのだろう。一方で危険な思想を持つ宗教家と接近する可能性も高まり、宗教リテラシーの重要性が増している。
2/18(月) 地銀50行、スマホでQR決済へ みずほの基盤で3月以降

 千葉銀行西日本シティ銀行といった全国50行強の地方銀行が、スマートフォンでQRコードを読み取って代金の支払いや送金ができるみずほフィナンシャルグループ(FG)の新たな決済サービス「Jコインペイ」を3月25日から順次導入することが16日、分かった。各行とも預金口座を持つ個人が対象となる。関係者が明らかにした。

 政府は2025年にキャッシュレス決済の利用比率で現在の約2倍に当たる4割を目指しており、地銀全体の約半数がJコインペイを導入すればキャッシュレス決済の拡大の動きを後押ししそうだ。
2/17(日)
魚のオークションサービス登場、ネットで不安や疑問の声 運営と厚生労働省の見解は

 釣った魚を個人間で売買できる魚専門のオークションサービス「Fish Sale」が発表され、ネットでは「食品衛生面でトラブルが起きないか」「漁業者と対立しないか」など不安視する声が上がっています。運営元のFresh Speedと、厚生労働省の食品監視安全課に、運営上の問題はないのか取材しました。

前例のない魚のオークションサービスに不安や戸惑いの声

 「Fish Sale」は4月1日にスタート予定の釣魚オークションサービス。個人が釣った魚を、写真と説明文、値段の3つを登録するだけで1匹から出品でき、買い手は欲しい魚をオークション形式で競り落とせるというサービスです。大量に釣れてしまった魚をロスせずに提供できる、釣果を趣味の釣り費用にできる、買い手も魚市場が休みの日でも購入できるなど、さまざまなメリットを打ち出していました。販売手数料は落札価格の10%。

 サービスは1月31日に発表されましたが、2月8日ごろからネットでは、サービスに食の安全面でリスクがあるとした指摘が注目を浴びています。不安視されている点は次のようなものです。

・魚市場では食中毒が発生しないよう食品衛生監視員が監視指導したりしているが、Fish Saleでは同様の存在、仕組みがあるのか
・そもそも食品衛生法など日本の法律において、サービスに問題ないのか
・魚種の誤同定(毒を持った魚を、似ている他の安全な魚と双方が勘違いして売買してしまうケース)、鮮度劣化や生物濃縮で食中毒をもたらしてしまうケース、人気のある絶滅危惧種の乱獲を招いてしまうケースが考えられるが、対策はあるのか
・上記のトラブルが発生した場合、責任の所在は売り手、買い手、運営のどちらにあるのか
・こうしたサービスで個人で魚を売るに当たって、漁業権の問題はないのか

 Twitterでは指摘をまとめたツイートが7万回以上リツイートされるなど話題に。「可食魚の見分けは命に係わるのに」「素人で魚の売買は危ないのでは」「食中毒とかその他の事故が起きた際に責任の所在をどうするつもりでリリースするのだろう」などさまざまな意見を集めていました。

臨時休業のお知らせ

10月29日(月)から31日(水)まで
臨時休業致します。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承願います。